• 印刷する

西議会、ラホイ首相を信任=政治的空白に終止符

スペインの下院(定数350)は10月29日、ラホイ暫定首相の信任投票を行い、170対111の賛成多数で、ラホイ氏の続投を承認した。最大野党・社会労働党(PSOE)が棄権したことで、10カ月にわたり続いた政治的空白にようやく終止符が打たれた格好。ラホイ首相は11月3日に閣僚名簿を公表する。

3回目となった今回の信任投票では、ラホイ首相率いる国民党(PP)が137票、中道新党シウダダノス(Ciudadanos)が32票、カナリア諸島の1議員が賛成票をそれぞれ投じた。これらの内訳は9月に否決された前回から変化がないものの、68票に上るPSOEの棄権票が行き詰った政局の打開につながった。

ダウ・ジョーンズによると、PPは単独で少数政権を樹立するが、重要法案の採決に当たっては、シウダダノスのほかバスク自治州やカナリア諸島の議員と交渉し、計176票の確保を目指す方針。

新政権の最優先課題は予算の成立だ。欧州連合(EU)はスペインに対し、今年の財政赤字を対国内総生産(GDP)比で4.6%以内に、来年は3.1%以内に抑えるよう求めている。実現には約55億ユーロの歳出カットが必要とされ、PPがこれらの党から賛成を取り付けられるかが注目される。昨年の財政赤字は対GDP比で5.1%に上った。

スペインは昨年12月の下院選挙で政権樹立に失敗。6月末のやり直し選挙の結果、PPは第1党を維持したものの、議席数は137議席にとどまり、野党の協力も得られなかったため、連立協議は不調に終わっていた。


関連国・地域: EUスペイン
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

グロボの配達員は被雇用者=スペイン最高裁(09/25)

グルーポアントリン、上海で研究施設を開設(09/25)

スペインGDP、17.8%縮小=改定値(09/24)

イベルドローラ、グリーン水素部門を設立(09/23)

マドリード州、一部で移動制限など規制強化(09/22)

金融カイシャバンク、バンキア買収で合意(09/21)

イベルドローラ、再生エネのアカシアを買収(09/18)

追尾式架台のエヌクレーブ、中国社が買収(09/18)

スペイン、フランコ独裁の負の遺産を解体へ(09/17)

スペイン2行、主要株主が合併支持か(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン