米配車ウーバーのドライバーに「従業員」認定

米配車サービス大手ウーバー(Uber)に登録するドライバーが、自営業者ではなく被雇用者としての待遇を求めていた問題で、ロンドンの雇用審判所は10月28日、原告の訴えを認める判断を下した。これにより法定最低賃金が適用されるほか、有給休暇や勤務中の休憩時間も認められるようになる。

訴えはウーバーに登録するドライバー2人が7月に起こしたもの。ウーバーはドライバーを従業員ではなく自営業者として扱う契約を結んでおり、法で定められた雇用主が被雇用者に対して補償すべき権利を認めていない。例えば、原告の1人の2015年8月の収入は時給換算で5.03ポンドと、英国の21歳以上に支払われるべき7.2ポンドを下回っていた。

英一般労組GMBは今回の判決を歓迎。イングランドとウェールズで働く4万人のウーバードライバーにとって「画期的な勝利だ」としている。一方、ウーバーは上訴する構えを示している。

近年は、ウーバーや民泊予約サイトの米エアビーアンドビー(Airbnb)といったオンライン・プラットフォームを通じて、単発の仕事を受発注する非正規労働が増えている。こうした労働で成り立つ「ギグ・エコノミー」と呼ばれる経済形態が拡大する中、これらの労働に携わる就労者の処遇が問題化している。今回の判決は、同様のドライバー登録制度を採用するテイクアウト注文サイトの英デリバールー(Deliveroo)などにも影響を及ぼす可能性がある。[労務]


関連国・地域: 英国米国
関連業種: 経済一般・統計IT・通信食品・飲料商業・サービス運輸・倉庫観光・娯楽雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

アリオン銀行、2カ国のナスダックに上場へ(05/21)

セインズベリー買収計画で聞き取り調査(05/21)

英政府、シェールガス開発の追加支援策発表(05/21)

ロイズ銀、愛の住宅ローン資産を売却(05/21)

製薬アストラゼネカ、第1四半期は38%減益(05/21)

欧州委、大気汚染規制違反で英独仏など提訴(05/21)

車の最先端技術、英国で32万人の雇用創出も(05/21)

DEPA、送ガス子会社を伊エニに売却(05/18)

オカド、米クローガーと提携 食品配達向け技術提供=米国進出(05/18)

欧州新車登録、4月は9.6%増加(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン