• 印刷する

スペイン国王、ラホイ氏に組閣要請=信任投票へ

スペイン国王のフェリペ6世は25日夕、国民党(PP)を率いるラホイ暫定首相に組閣を要請した。議会はこれを受け、信任投票を実施する。最大野党・社会労働党(PSOE)は既に続投を認める方針を示していることから、29日にラホイ氏が再選される見通しだ。AFP通信などが伝えた。

ラホイ氏は国王との謁見後、「少数与党による政権運営は極めて難しいと認識している」とコメント。ただ、安定した政権となるよう努めると強調し、4年間の任期を全うする決意を示した。

スペインは昨年12月の下院(定数350)選挙で政権樹立に失敗して以降、10カ月にわたり政治的空白が続いている。6月末のやり直し選挙の結果、PPは第1党を維持したものの、議席数は137議席にとどまり、野党の協力も得られなかったため、連立協議は不調に終わっていた。

こうした事態を打開するためPSOEは先に、信任投票を棄権し、ラホイ氏の続投を容認する方針に転換。ラホイ氏は今後、PSOEとの協力を約束しており、「連携に向けた協議をする準備はできている。議論が分かれる問題については棚上げする」と柔和な姿勢を示している。


関連国・地域: スペイン
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

エアバス、A380生産終了へ エミレーツの発注取り消しで(02/15)

ユーロ圏成長率、0.2%を維持 ドイツは景気後退入りを免れ(02/15)

独高級車3社、1月はBMWが好調(02/15)

三菱商事、オーヴォ・エナジーの20%株取得(02/15)

スペイン下院、予算案を否決=解散総選挙へ(02/14)

アベルティス、通信衛星事業を売却(02/14)

カタルーニャ独立派指導者12人の公判が開始(02/13)

欧州オートバイ登録台数、昨年は9.9%増加(02/13)

カタルーニャ独立問題、首都で政策反対デモ(02/12)

エディンバラ、観光客への課税法案を可決(02/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン