• 印刷する

スイスの難民申請件数、第3四半期は42%減少

スイス連邦移民事務局(SEM)は、第3四半期(7~9月)の難民申請件数が7,105件となり、前年同期比で42%減少したと発表した。難民の通過経路「西バルカンルート」が事実上閉鎖したことが大きい上、難民が受け入れにより寛大な他国に向かったことも背景にある。

出身国別に見ると、シリアは前年同期比で1,149件減少した。アフガニスタンとイラクからは、それぞれ897人、421人減っている。

前期比でみると、19.2%増加している。

移民当局は通年の申請件数ついて、昨年の3万9,523件を下回り、3万件程度になると予想している。


関連国・地域: スイス中東
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

スイス、EUとの人の移動自由を維持(09/29)

製薬ロシュ、15分の検査キットを欧州で展開(09/25)

ダボス会議、来年はダボス以外で開催か(09/25)

スイス、移民問題など巡り27日国民投票(09/25)

ブラックストーン、3D印刷の固体電池開発(09/24)

アブディ・イブラヒム、スイス社の株式取得(09/23)

ラファージュホルシム、排出量を2割削減へ(09/22)

クレディ・スイス、QIAと民間信用事業(09/21)

ネスレ、中国に穀物センター建設(09/17)

ファーストセンサー、米仏子会社を売却へ(09/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン