• 印刷する

スイスの難民申請件数、第3四半期は42%減少

スイス連邦移民事務局(SEM)は、第3四半期(7~9月)の難民申請件数が7,105件となり、前年同期比で42%減少したと発表した。難民の通過経路「西バルカンルート」が事実上閉鎖したことが大きい上、難民が受け入れにより寛大な他国に向かったことも背景にある。

出身国別に見ると、シリアは前年同期比で1,149件減少した。アフガニスタンとイラクからは、それぞれ897人、421人減っている。

前期比でみると、19.2%増加している。

移民当局は通年の申請件数ついて、昨年の3万9,523件を下回り、3万件程度になると予想している。


関連国・地域: スイス中東
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

財務省、独大手2行の合併シナリオ精査か(01/18)

プラスチック廃棄物除去のアライアンス始動(01/18)

物流DSV、スイスのパナルピナに買収提案(01/17)

スイスとオーストリアで雪崩、1人死亡(01/17)

ブロックチェーン取引VAKT、トタルなど参加(01/17)

投資EQT、ビザ手続き代行のVFS売却へ(01/16)

ジュリアス・ベア、4月に新会長を指名へ(01/16)

スイス国鉄、空飛ぶ電動タクシーの導入検討(01/15)

シンドラー、インドの総合拠点化を模索(01/14)

ネスレ、ルーマニア西部の工場閉鎖へ(01/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン