• 印刷する

スイスの難民申請件数、第3四半期は42%減少

スイス連邦移民事務局(SEM)は、第3四半期(7~9月)の難民申請件数が7,105件となり、前年同期比で42%減少したと発表した。難民の通過経路「西バルカンルート」が事実上閉鎖したことが大きい上、難民が受け入れにより寛大な他国に向かったことも背景にある。

出身国別に見ると、シリアは前年同期比で1,149件減少した。アフガニスタンとイラクからは、それぞれ897人、421人減っている。

前期比でみると、19.2%増加している。

移民当局は通年の申請件数ついて、昨年の3万9,523件を下回り、3万件程度になると予想している。


関連国・地域: スイス中東
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

センシリオン、ハンガリー東部の工場開所(09/24)

ネスプレッソ、カプセルの商標権認められず(09/23)

日立ABB、エジプト送電系統高度化を受注(09/23)

ネスレ、印で原材料高騰で厳しい状況に(09/23)

ノバルティス、失明治療のアークトスを買収(09/22)

世界経済フォーラム、来年にダボス会議再開(09/21)

ウィーフォックス、保険大手の前幹部が要職(09/21)

若年ニート率、イタリアが26%で欧州首位(09/20)

スイスの運動靴オン、ニューヨーク上場(09/17)

セメントのホルシム、ブラジル事業を売却(09/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン