• 印刷する

カタルーニャの闘牛禁止、憲法裁が違憲判断

スペインの憲法裁判所は20日、北東部カタルーニャ自治州での闘牛禁止を違憲とする判断を下した。動物愛護活動家らは強く反発しており、スペインからの独立を模索する同州と中央政府の溝も一段と深まりそうだ。BBC電子版などが伝えた。

カタルーニャでは、闘牛は時代遅れで野蛮とするとして2012年に禁止された。しかし憲法裁は「スペインの文化的遺産であり、全国的に保護されるべき」と主張する与党・国民党(PP)の立場を支持。禁止する権限は中央政府にしかないとの見解を示した。

スペインではカタルーニャに先立ち、カナリア諸島も闘牛を禁止。ほかにもバレアレス諸島などいくつかの自治体が禁止を検討中だが、今回と同様の違憲判断が他の自治体にも下されるとの見方が出ている。


関連国・地域: スペイン
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

西政府、ジブラルタル巡り離脱協定案に難色(11/21)

VW世界販売、10月は10%減 WLTPの影響続き西欧低調(11/21)

バルセロナ近郊で脱線事故、1人死亡(11/21)

世界のワイン生産量、過去18年で最高水準に(11/21)

VW、新技術に440億ユーロ 自動運転やEVへ=新投資計画(11/19)

サッカーのAマドリード前本拠地取り壊しへ(11/19)

テクニカス、アブダビ国営石油とEPC契約(11/16)

欧州新車登録、10月は7%減 主要5カ国が引き続きマイナス(11/16)

DSスミス、欧州委がユーロパック買収承認(11/16)

独高級車3社、明暗分かれる アウディが不振=10月の世界販売(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン