• 印刷する

カタルーニャの闘牛禁止、憲法裁が違憲判断

スペインの憲法裁判所は20日、北東部カタルーニャ自治州での闘牛禁止を違憲とする判断を下した。動物愛護活動家らは強く反発しており、スペインからの独立を模索する同州と中央政府の溝も一段と深まりそうだ。BBC電子版などが伝えた。

カタルーニャでは、闘牛は時代遅れで野蛮とするとして2012年に禁止された。しかし憲法裁は「スペインの文化的遺産であり、全国的に保護されるべき」と主張する与党・国民党(PP)の立場を支持。禁止する権限は中央政府にしかないとの見解を示した。

スペインではカタルーニャに先立ち、カナリア諸島も闘牛を禁止。ほかにもバレアレス諸島などいくつかの自治体が禁止を検討中だが、今回と同様の違憲判断が他の自治体にも下されるとの見方が出ている。


関連国・地域: スペイン
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

カタルーニャ州、マスク着用を義務化(07/10)

イベルドローラ、再生エネ向けに融資確保(07/10)

BBVA、初のグリーンCoCo債発行(07/10)

スペイン、住宅関連の負担軽減策を延長へ(07/09)

ユーロ圏経済、8.7%縮小も 仏伊スペインで2桁の落ち込み(07/09)

スペイン国民の5.2%が抗体保有=全国調査(07/08)

スペイン、カタルーニャとガリシアで再封鎖(07/07)

スペイン、500億ユーロの企業支援策へ(07/06)

英、鉄鋼セルサに緊急融資=戦略的企業で初(07/06)

ポーランド政府、洋上風力発電で業界と合意(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン