• 印刷する

フランス、在英のEU監督機関の移転先に名乗り

フランスが、英国に拠点を置く欧州連合(EU)の監督機関の移転先に名乗りを挙げた。ブレグジット後を見据えた動き。ステファヌ・ルフォル農業・農産加工業・林業相の話として、ダウ・ジョーンズが19日伝えた。

同相は「欧州銀行監督局(EBA)であっても、欧州医薬品庁(EMA)であっても、フランスは当然移転先候補になり得る」とコメント。これらの機関がどんな形で移転するかは離脱交渉次第だが、受け入れ皿となるための準備を進めると述べた。

オランド大統領はこの前日、ブレグジットで対仏投資が拡大する可能性が高いと発言。「英国が持っているものを奪うのではない。英国は自ら下した決断が招いた結果と共に歩むべきで、フランスは欧州単一市場へのアクセス拠点になる」と話した。

在英金融機関の誘致に向け、仏金融監督当局であるプルーデンス監督・破綻処理庁(ACPR)と金融市場庁(AMF)は9月、同国での金融サービス事業免許の取得手続きを簡易化する方針を発表した。EU加盟国の1カ国で事業免許を取得すれば、EU全域で事業を行えるパスポート制度をめぐり、英国が適用除外となる可能性をにらんだもの。フランクフルトやダブリンなども同様の取り組みを始めている。[EU規制]


関連国・地域: 英国ドイツフランスEUアイルランド
関連業種: 医療・医薬品農林・水産金融サービスマクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

EU、長期延期に条件提示も 英国の離脱延期申し入れ巡り(03/18)

フランス、アフリカに25億ユーロ投資(03/18)

16歳の環境活動家、ノーベル平和賞候補に(03/18)

<ブレグジットと欧州の行方>第15回 「泥沼の女」メイ首相に3度目、4度目の正直はあるのか(03/18)

三井化学、仏で新素材のコンセプトカー披露(03/18)

ユーロスター、税関職員抗議で運行支障続く(03/18)

独オペル、ロシアでの販売再開へ(03/18)

欧州新車登録、2月は1%減少(03/18)

EUの難民申請件数、昨年は11%減少(03/18)

ルノー、ゴーン被告の側近を降格=役員刷新(03/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン