独BASF本社工場で爆発、1人死亡=7人負傷

独西部ルートウィヒスハーフェン(Ludwigshafen)にある独化学大手BASFの本社工場で17日、爆発事故が起き、少なくとも1人が死亡、7人が重軽傷を負った。6人が行方不明となっている。BBC電子版が伝えた。

爆発は午前11時20分ごろ(現地時間)、可燃性の液体や液化ガスを港湾内のタンクまで運ぶパイプラインで起きた。その後、数カ所から出火し一帯に煙が蔓延したため、当局は付近の住民に窓を閉めるよう指示した。今のところ健康被害のリスクはないとしている。

爆発の原因は明らかになっていないが、警察当局はテロの疑いはないとみている。

BASFの本社工場は敷地面積10平方キロと、世界最大の化学品生産設備で、3万9,000人が勤務する。同社は事故を受け、敷地内の施設14カ所を一時閉鎖した。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 医療・薬品化学・石化天然資源運輸・倉庫社会・事件雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ルノー、上半期の記録更新 露・南米が回復=世界販売台数(07/17)

ドイツ銀、第2四半期の利益は予想以上に(07/17)

ファーンバラ航空ショー開幕 MRJはデモ飛行実施(07/17)

欧州企業もイラン制裁対象に 米国、EUの嘆願拒否=8月再開(07/17)

通信オレンジ、ベースファームを買収(07/17)

伊下院、元国会議員の年金削減案を可決(07/17)

米モルガン、鉄道車両リースのVTG買収へ(07/17)

BASF、星などで酸化防止剤の生産拡大(07/17)

コネとティッセンの株主、事業統合で協議(07/17)

シーメンス、越で太陽光発電所システム受注(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン