• 印刷する

アブハジアのTV局で男が自爆=テロ目的は不明

ジョージア(グルジア)西部アブハジア自治共和国の首都スフミにある国営テレビ局の入り口付近で17日、男が自爆した。アブハジア内務省の発表を元に、ロシアのインターファクス通信などが伝えた。

それによると、爆発後に現場に倒れていた男がトリニトロトルエン(TNT)火薬200グラム相当を含んだ爆発装置を起動した。男の身元は分かっておらず、政府は自爆テロの可能性については明言を避けている。

アブハジア自治共和国は1990年代初めのソビエト連邦崩壊時に、ジョージアからの独立を宣言した。2008年のロシアとジョージア間の紛争(南オセチア紛争、またはロシア・グルジア戦争)を機に、南オセチアとともにロシアの実効支配下に入っている。


関連国・地域: ロシアジョージア
関連業種: メディア・娯楽政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ジョージア、UAE社と太陽光発電所開発(01/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン