• 印刷する

デンマーク、外国人による犯罪が6年間で倍増

デンマークで外国人による犯罪が急増している。2015年の犯罪件数は2009年から2倍に膨れ上がった。国家警察のデータを元に、ザ・ローカルが13日伝えた。

それによると、昨年の外国人による犯罪件数は1万2,566件に上り、今後も増加が予想される。犯罪者の出身国はルーマニアが最も多く、リトアニアやポーランド出身者による事件も頻発している。犯罪の種類は、強盗や住居侵入などが目立ち、ほとんどのケースが組織化された犯罪だという。

外国人による犯罪が特にデンマークで増加している背景には、昨年12月に行われた司法・内務分野で欧州連合(EU)規則の適用を拡大する案をめぐる国民投票で反対が上回り、欧州刑事警察機構(ユーロポール)に留まるか否かで混乱が起きていることなどがあるとみられる。


関連国・地域: EUデンマークポーランドルーマニアリトアニア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

海運マースク、第3四半期は利益横ばい(11/16)

スペイン、ガソリン・ディーゼル車禁止へ(11/15)

ダンスケ銀会長、資金洗浄疑惑で辞任へ(11/08)

ヴェスタス、第3四半期は29.6%減益(11/08)

宝飾品パンドラ、第3四半期は30%減益(11/07)

レゴ、中国での商標権巡る裁判で再び勝訴(11/07)

ユーロ圏生産者物価、9月は4.5%上昇(11/07)

ノボノルディスク、年内に1300人整理へ(11/05)

ダンスケバンク、第3四半期は利益半減(11/02)

エルステッド、第3四半期は27%増益(11/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン