ブルガリアの違法移民流入数が1.6万人に

ブルガリアへの違法移民の流入数が、今年に入って1万6,000人近くに上っている。ブルガリアの難民当局のデータを元に、通信社BGNESが14日伝えた。

それによると、大半はイラクとパキスタンの出身者という。アフガニスタン出身者は7,000人、シリア出身者は2,000人以下だった。

また、当局に保護を求めた移民の57%が成人男性で、子どもが32%を占めた。成人女性の割合は11%だった。なお、こうした移民のうち、高等教育を受けた人の割合はわずか4%にとどまっている。

欧州委員会は今月初めに、国境付近における移民流入の管理に向けて、ブルガリアに1億800万ユーロの補助金を給付した。バチュバロバ内相は先に、「移民がブルガリア社会に融合し、職を得るまで2年もあれば十分」と発言。また、移民の受け入れにより国の民族構成が変化するとの一般論は憶測にすぎないとしている。


関連国・地域: EUブルガリアアジア中東
関連業種: 経済一般・統計社会・事件雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

独フェスト、ブルガリア工場に追加投資(05/23)

日立、露車両製造TMHと合弁設立(05/23)

海航集団など、ブルガリアの空港に投資へ(05/22)

米国の対イラン制裁に対抗策 EU、欧州企業の保護へ行動指針(05/21)

ブルガリア運送業界、EUの待遇規制に抗議(05/21)

欧州委、大気汚染規制違反で英独仏など提訴(05/21)

DEPA、送ガス子会社を伊エニに売却(05/18)

中国核工業集団、ベレネ原発への投資に意欲(05/14)

欧州二輪車登録台数、1~3月は6.1%減少(05/10)

ユーロ圏生産者物価、3月は2.1%上昇(05/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン