• 印刷する

ジュペ元首相、仏共和党の最有力大統領候補に

大統領選を来年に控えるフランスで、最大野党・共和党の候補者指名争いにおいて保守穏健派のアラン・ジュペ元首相がライバルを大きくリードしている。調査会社オピニオン・ウェイの最新世論調査を元に、ロイター通信が13日伝えた。

調査は10月7~11日、共和党予備選の投票に行くと答えた700人を対象に実施された。11月20日に行われる第1回投票でジュペ氏に票を投じると回答したのは42%に上り、党内最大のライバルであるニコラ・サルコジ前大統領の28%を大幅に上回った。また11月27日の決選投票についても、両者の支持率は62%対38%と大きな開きがある。

同党からは他にも、フランソワ・フィヨン元首相など5人が名乗りを上げているが、仏メディアでの扱いは小さい。

各種データによると、来年4月の大統領選の決選投票は、共和党の候補者と極右政党・国民戦線のマリーヌ・ルペン党首の一騎打ちになると予想されている。


関連国・地域: フランス
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

仏、英仏海峡の共同警備巡る英の提案拒否(12/06)

ルノー、トルコに新子会社RGOを設立(12/06)

ダッソー、UAEと戦闘機80機の供給契約(12/06)

製造業生産、10月は0.9%増加(12/06)

サフラン、傘下のゾディアック事業見直し(12/03)

仏新車登録台数、11月は3.2%減少(12/02)

極右の論客ゼムール氏、大統領選出馬を表明(12/02)

サノフィ、にきび治療薬開発のオリジム買収(12/02)

仏GDP、3%拡大 コロナ危機前の水準=第3四半期(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン