英政府、15分以上の鉄道遅延を補償対象に

英運輸省は13日、列車が15分以上遅れた場合に乗客が払い戻しを請求できる制度を導入すると発表した。現行制度では30分以上の遅延のみが払い戻しの対象だが、新制度では15~29分の遅れでも運賃の25%を払い戻す。

新制度は、向こう数カ月以内にゴーバイア(Govia)・テムズリンク・レールウェイ(GTR)が運営するサザン、テムズリンク、グレートノーザン、ガトウィック・エクスプレスの各路線に導入。その後、サウスウエスタン、ウエストミッドランズ、サウスイースタンの新フランチャイズでも順次、展開する。

現行制度では、30~59分の遅延について片道運賃の半額、60分以上では全額の払い戻しを請求できる。

なお、GTRが運営するサザンでは、かねて頻繁な遅延が問題となっている上、労使問題のこじれによるストも相次いでいる。ガーディアンによると、政府はこれを受け、新制度をまず同路線に導入する計画とみられる。サザンはロンドン南部とイングランド南部のサリー、サセックス、ケントを結ぶ。


関連国・地域: 英国
関連業種: 商業・サービス運輸・倉庫社会・事件雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

アリオン銀行、2カ国のナスダックに上場へ(05/21)

セインズベリー買収計画で聞き取り調査(05/21)

英政府、シェールガス開発の追加支援策発表(05/21)

ロイズ銀、愛の住宅ローン資産を売却(05/21)

製薬アストラゼネカ、第1四半期は38%減益(05/21)

欧州委、大気汚染規制違反で英独仏など提訴(05/21)

車の最先端技術、英国で32万人の雇用創出も(05/21)

DEPA、送ガス子会社を伊エニに売却(05/18)

オカド、米クローガーと提携 食品配達向け技術提供=米国進出(05/18)

欧州新車登録、4月は9.6%増加(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン