• 印刷する

タイムアウト・マーケット、ロンドンにお目見え

英情報誌タイムアウトがプロデュースする複合施設「タイムアウト・マーケット」が、来年後半にもロンドン東部のショーディッチ(Shoreditch)にお目見えする。2年前に初めて開設したリスボンのマーケットは、今年上半期(1~6月)に約130万人を集客し人気は上々。ロンドンっ子の支持獲得を狙う。

コマーシャル・ストリート106番地にオープン予定の施設には、レストラン17店のほか、バー4店、料理教室、アートギャラリーなどが入居する。延べ床面積は5,900平方メートルで、計450席を備えるという。

タイムアウト・マーケットのディディエ・スイヤ社長は、「1968年の創刊以来、読者はこの魅力的な都市が提供するものを発見する際に同誌を頼りにしてきた」と指摘。「タイムアウト・マーケットをオープンし、われわれが収集してきた編集上の情報を元に、ロンドンの極上の食事、最高のカクテル、文化体験などを1つ屋根の下に集めることで、これをさらに上のレベルに引き上げる」と述べた。

なお、タイムアウト・マーケットはポルトガルのポルト(Porto)にも開設する計画。さらにニューヨークやマイアミも候補地に挙がっている。

タイムアウトは今年6月にロンドン証券取引所(LSE)のオルタナティブ・インベストメント市場(AIM)で上場を果たし、8,400万ポンド程度を調達した。


関連国・地域: 英国ポルトガル米国
関連業種: 食品・飲料金融小売り・卸売りメディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

気候変動デモ、1千人超逮捕 ロンドン市内の交通混乱(04/23)

プライメタルズ、墺社の鋳造機システム更新(04/23)

トーマス・クック、複数社と身売り協議か(04/23)

金融当局、ワイヤーカードの空売り禁止解除(04/23)

米コノコフィリップス、英採掘事業から撤退(04/23)

デベナムズ、ビュッヒャーCEOが辞任(04/23)

IIJ、英でビデオ会議サービスのAP開設(04/23)

英社の自動宅配ロボ、累計配達が5万件に(04/23)

シェル、サウジアラムコが合弁の残り株取得(04/23)

欧州議会選、ブレグジット党が支持率トップ(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン