• 印刷する

自動運転車、英国の公道で初の試験走行

英国の公道で初となる自動運転車の走行試験が11日、イングランド南東部ミルトンキーンズで実施された。2020年までに自動運転車を合法化する計画の一環で、鉄道駅周辺に延びる歩行者用道路の1キロメートルのコースを時速8キロメートルで周回した。

走行試験に使用された車は、オックスフォード大学のロボット工学研究所と同大学を母体とするテクノロジー企業オックスボティカ(Oxbotica)が開発。仏自動車大手ルノーのコンパクトカーを改造した2人乗り電気自動車(EV)で、走行誘導用のレーダーやカメラを搭載している。

英政府はこのほか、ロンドン南東部グリニッジ、イングランド南西部ブリストル、中部コベントリーでも走行試験を計画。来年には車道での試験も行う予定だ。順調に行けば、自動運転車の市場は2025年までに9,000億ポンド規模に達すると期待し、関連法の整備や保険ルールの改正に向けた協議を開始している。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国フランス
関連業種: 自動車・二輪車電機その他製造金融IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

英・EU首脳が見直し協議 離脱協定で「建設的な話し合い」(02/22)

<ブレグジットと欧州の行方>第14回 パーフェクトストームに突入か・瓦解し始めた英自動車産業(02/22)

通信テレフォニカ、第4四半期は12%減益(02/22)

VW、米の輸入関税でコスト数十億ユーロ増(02/22)

金融バークレイズ、通期は1%減益(02/22)

財政収支、1月は過去最高の黒字(02/22)

アグテックのインセクト、1.2億ドル超調達(02/22)

ガス・電力セントリカ、通期は12%増益(02/22)

JDスポーツ、フットアサイラムに追加出資(02/22)

シェル、オマーンとガス開発で暫定合意(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン