自動運転車、英国の公道で初の試験走行

英国の公道で初となる自動運転車の走行試験が11日、イングランド南東部ミルトンキーンズで実施された。2020年までに自動運転車を合法化する計画の一環で、鉄道駅周辺に延びる歩行者用道路の1キロメートルのコースを時速8キロメートルで周回した。

走行試験に使用された車は、オックスフォード大学のロボット工学研究所と同大学を母体とするテクノロジー企業オックスボティカ(Oxbotica)が開発。仏自動車大手ルノーのコンパクトカーを改造した2人乗り電気自動車(EV)で、走行誘導用のレーダーやカメラを搭載している。

英政府はこのほか、ロンドン南東部グリニッジ、イングランド南西部ブリストル、中部コベントリーでも走行試験を計画。来年には車道での試験も行う予定だ。順調に行けば、自動運転車の市場は2025年までに9,000億ポンド規模に達すると期待し、関連法の整備や保険ルールの改正に向けた協議を開始している。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国フランス
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車IT・通信電機製造一般金融・保険社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

パディー・パワー、米事業を米社と統合(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

小売売上高、4月は1.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

生産者物価、4月は2.7%上昇(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

GFG、豪VIC州にEV製造拠点を建設か(05/25)

資源リオ、インドネの鉱山の権益売却を否定(05/25)

インフレ率、2.4%に減速 2017年3月以降で最低(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン