• 印刷する

スイス、11月に早期脱原発めぐり国民投票

スイスで11月27日、脱原発政策を前倒しで進める案をめぐる国民投票が実施される。スイス自由緑の党と環境団体グリーンピースが推進する案だが、政府は電力供給不足への懸念からこれに反対している。

スイスでは現在、5基の原子炉が稼働している。ロイター通信によると、この案では北部のベツナウ(Beznau)原発の1号機および2号機と、ベルン西郊のミューレベルク(Muehleberg)原発を来年中に閉鎖し、残る2カ所の原発もそれぞれ2024年、2029年に閉鎖するよう求めている。

これに対しロイトハルト環境・運輸・エネルギー・通信相は、「再生可能エネルギーへの切り替えが間に合わない」として反対する考えを示した。脱原発を性急に進めれば、エネルギー安全保障が崩れ、ドイツの石炭火力発電所への依存が高まると共に、電力会社への補償に税金を費やすことになりかねないとしている。

スイス連邦エネルギー局によると、2015年の国内電力消費量は582億キロワット時と、前年比1.4%増加。このうち3分の1以上が原子力発電で賄われている。ただ、脱原発前倒し案の推進派は、「現在、5基の原子炉のうち2基が一時停止中だが電力供給に問題はない」と反論している。

スイス政府は2011年、福島第1原子力発電所の事故を受け原子力発電所の段階的廃止を決めた。ミューレベルク原発とベツナウ原発1号機は2019年に、他の原子炉も2034年までに閉鎖される予定となっている。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツスイスアジア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

スイス西部、土壌のダイオキシン汚染を確認(10/19)

バリーカレボー、カカオの栄養補助飲料発表(10/18)

C・スイス、損失受けた顧客の手数料を免除(10/15)

ジュネーブ空港に「世界初」の免税自販機(10/13)

イタルボルト、電池工場計画でABBと提携(10/13)

チャブ、シグナのアジア・トルコ事業を買収(10/12)

バリーカレボー、セルビア工場が稼働開始(10/11)

ジュネーブ・モーターショー、3年連続中止(10/11)

食品ネスレ、植物由来の卵とエビを開発(10/08)

日立ABB、中東で送電システム受注(10/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン