• 印刷する

ルフトハンザ、香港・キャセイの施設で貨物処理

香港のキャセイパシフィック航空は、独ルフトハンザ航空の貨物部門ルフトハンザ・カーゴが香港での貨物処理業務を、香港国際空港(チェクラプコク空港)にあるキャセイ航空の貨物ターミナルに移管したと発表した。ルフトハンザ・カーゴとキャセイ航空の貨物部門が締結した共同事業契約の一環。

ルフトハンザ・カーゴは移管により、輸出品の持ち込みと輸入品の受け取りを1カ所に集約し、サービスの利便性を高める。

両社は今後、路線計画や販売、IT(情報技術)、サービス強化の分野でも密接に連携していく考えだ。

キャセイ航空のサイモン・ラージ貨物部門取締役は、ルフトハンザ・カーゴのキャセイ航空貨物ターミナルへの作業移管は、両社の協力にとって重要な第一歩だと説明。キャセイの顧客は今後、直行便接続の増加や輸送時間短縮などの恩恵を受けることができると強調した。【NNA香港】


関連国・地域: 中国香港ドイツ欧州アジア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

墺北部の副市長、移民差別の詩を巡り辞任(04/25)

ワイヤーカードに大型投資 ソフトバンク、5年後に株取得も(04/25)

華為の5G網構築参加認める 英国、非中枢インフラ機器に限定(04/25)

送電デルガズ、スマートグリッドに大型投資(04/25)

ドイツ銀とUBS、資産運用部門を統合か(04/25)

Ifo企業景況感、4月は悪化(04/25)

長野計器、温度測定器リューガーの全株取得(04/25)

鉄道技術のフォスロ、200人を整理へ(04/25)

企業ソフトSAP、第1四半期は赤字転落(04/25)

BMW、EV電池用コバルトの調達先を厳選(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン