• 印刷する

トルコ南東部の検問所で自動車爆弾、18人死亡

トルコ南東部ハッカリ県のデュラク(Durak)にある検問所で9日午前9時45分(現地時間)ごろ、爆弾を積んだミニバンが爆発し、民間人を含む計18人が死亡した。エルドアン大統領は、トルコからの分離独立を目指すクルド人武装組織「クルド労働者党(PKK)」による自爆テロと断定している。現地英字紙ホリエット・デイリー・ニュース電子版などが伝えた。

県当局などによると、車両は制止命令に従わず治安部隊の検問所に近付いたため兵士が発砲し、犯行グループも射撃で応戦した。その後、車両に積まれた約5トンの爆弾が起爆され、民間人8人、兵士10人が死亡。27人が負傷したほか、地面には深さ約7メートルの穴が開いた。

現場はイラクおよびイランとの国境にほど近く、シェムディンリ(Semdinli)の町から約20キロに位置する。トルコ南東部はクルド系住民が多くを占め、PKKとトルコ軍の2年間にわたる停戦が昨年7月に崩壊して以降、衝突が続いている。トルコ軍は事件後、PKKを対象とした大規模な空爆を実施したことを明らかにしている。


関連国・地域: トルコ中東
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

オトカー、自動運転バスの走行試験が成功(01/22)

トルコのメッセージアプリ「ビピ」人気上昇(01/21)

トルコ、キプロスの国連軍縮会議参加を拒否(01/21)

トルコ当局、ツイッターなどの広告掲載禁止(01/20)

トルコ自動車生産、12月は10.2%増加(01/19)

トルコの黒海沿岸で貨物船沈没=3人死亡(01/19)

欧州復興開発銀、20年はトルコへの投資拡大(01/18)

空港運営TAV、国外事業の拡大に意欲(01/15)

トルコとギリシャ、東地中海巡る協議再開へ(01/13)

トルコ競争庁、個人情報収集巡りFBを調査(01/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン