• 印刷する

英金融業界、EU離脱で380億ポンドの損失も

英国が欧州連合(EU)離脱により欧州単一市場や金融サービス事業のパスポート制度から除外された場合、英金融業界の損失額は総額380億ポンドに上る可能性がある――。英金融業界団体ザ・シティーUKが6日公表した報告書でこうした見方を明らかにした。

報告書では、EU離脱後も単一市場へのアクセスやパスポート制度を維持した場合、減収幅は年20億ポンド以内にとどまり、年3,000~4,000人の雇用が失われる程度で済むと予想。一方、パスポート制度を失うと共に、対EU貿易を世界貿易機関(WTO)の枠組み内で行うという最悪のシナリオになった場合、関連業界も含めて年320億~380億ポンドの収入と、年6万5,000~7万5,000人の雇用が失われるとみている。

ただBBC電子版によると、ブレグジット支持派の経済学者からは、この報告書は「脅しに過ぎない」との見方も出ている。英金融機関の事業活動の大半はEU域外で行われており、EUの占める比率は年々低下しているという。

金融行為監督機構(FCA)によると、英国で事業免許を取得することにより欧州連合(EU)全域で事業を行えるパスポート制度を利用している国内金融機関の数は約5,500社。米国や日本、スイスの大手銀行のほとんどは、ロンドンを本拠地としてパスポート制度を利用し、EU市場に進出している。こうした企業の間では、EU離脱決定を受け一部事業を英国外に移す動きも出ている。[EU規制][労務]


関連国・地域: 英国EUスイスアジア米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

製薬ノバルティス、4年以内に2千人超整理(09/26)

ヴェルサーチが身売りで合意 米マイケル・コースの傘下に(09/26)

ライアン、伊客室乗務員と労働条件で合意(09/26)

労働党、政府離脱案に反対へ 2度目の国民投票支持も示唆(09/26)

EUの経済委、英拠点の投資銀への規制強化(09/26)

鉱山技術オウトテック、イランから撤退へ(09/26)

金融界の移転先、フランクフルトが優位維持(09/26)

合意なしのEU離脱で航空便の運航に支障も(09/26)

EU、米制裁回避の決済システム構築へ(09/26)

米コムキャスト、スカイの株式30%超を取得(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン