• 印刷する

ポルトガルのグテレス元首相、次期国連トップに

国連安全保障理事会は6日、ポルトガルのグテレス元首相(67)を次期事務総長として正式に指名した。近く開かれる予定の国連総会で承認される見通し。年末に任期を迎える潘基文事務総長の後任として、来年1月に就任する。

グテレス氏は1995~2002年にポルトガルの首相を務め、2005年から10年間にわたり国連難民高等弁務官のポストに就いた。過去最大規模の難民危機の渦中で組織を率い、西欧諸国に対して繰り返し問題解決への協力を呼び掛けた。

安保理はこれまで、計6回の予備投票を実施。グテレス氏はいずれもトップだった。5日に行われた6回目の予備投票では、グテレス氏に対して15カ国の理事国のうち13カ国が支持を表明。拒否権を持つ常任理事国5カ国の反対もなく、事実上、グテレス氏の選出が確実となっていた。2位はセルビアのイェレミッチ元国連総会議長、3位はスロバキアのライチャーク外相だった。

今回の事務総長選では初の女性事務総長を期待する声も根強く、候補者計13人のうち女性が7人を占めた。6回目の予備投票で女性の最高位となったのは国連教育科学文化機関(ユネスコ)のボコバ事務局長(ブルガリア)で4位だった。

国連事務総長の任期は5年。再選されれば最大10年間務めることができる。[労務]

国連の次期事務総長に選ばれたグテレス氏(UNHCR提供)

国連の次期事務総長に選ばれたグテレス氏(UNHCR提供)


関連国・地域: ポルトガルスロバキアブルガリアセルビア
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

リスボン郊外での部分的な封鎖措置を継続(07/15)

EDP、イベリア半島の火力発電所を閉鎖へ(07/15)

NEC、リスボン市と情報共有アプリを開発(07/09)

ポルトガル電力、汚職捜査で幹部の職務停止(07/08)

欧州委、10カ国に旅行者の権利保護を要求(07/07)

ポルトガル航空、政府が追加出資で救済(07/06)

欧州各地で新型コロナ対策違反=封鎖緩和で(06/30)

リスボンのウェブ・サミット、12月開催へ(06/26)

リスボン、感染拡大で封じ込め策再び強化(06/24)

リスボンのテックイベント、予定通り開催へ(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン