英保健省、外国人医師への依存脱却へ

ハント英保健相は、2018年9月から医学生の定員を全体で最大1,500人引き上げる方針を明らかにした。英国の欧州連合(EU)離脱を念頭に、イングランドの国民医療制度(NHS)において外国人医師への依存を低下させるため。現在、6,000人に設定されている医学生の受け入れ上限も撤廃する。

NHSは国外出身の医師が4分の1を占めており、同相は2025年までに医師の「自給自足」を目指す方針。ただ、既に在職のEU出身者については、ブレグジット後も勤務を継続できるようにする考えだ。保健省がこうした計画を打ち出した背景には、医師不足に悩む後進国から人材を受け入れながら、医学志望の英国人学生の半数が現在の定員制に進路を阻まれているという歪んだ実態がある。

なお同省はNHSの派遣スタッフへの依存度も低下させる方針。医療機関は昨年、派遣スタッフに33億ポンド、うち非常勤医に12億ポンドの人件費を支出している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・薬品

その他記事

すべての文頭を開く

日立キャピタル、自動車リース2社を統合(07/16)

高級車BMW、6月の販売台数は過去最高(07/16)

トランプ米大統領が訪英 メイ首相、FTA締結に向け合意(07/16)

イベルドローラ、新興企業への投資が効果(07/16)

貿易収支、5月は赤字縮小(07/16)

パリの地下鉄、紙の切符廃止へ(07/16)

シェル、カナダのLNG基地巡り投資判断へ(07/16)

ライアンエアー、愛でパイロットが追加スト(07/16)

KPMG、豪サンコープの監査業務を継続(07/16)

BHP、豪の長期鉄鉱石戦略を当局が許可(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン