• 印刷する

ノルウェーの石油・ガス施設でスト決行も

ノルウェーの3カ所の石油・ガスプラントで、ストライキが決行される可能性が出てきた。英国へのガス供給に影響が及ぶ恐れもある。エネルギー関連の労働組合SAFEの声明を元に、ロイター通信が3日伝えた。

対象となるのは、ノルウェー北端のメルコヤ(Melkoeya)島にある石油・ガス国内最大手スタットオイルの液化天然ガス(LNG)プラントと、英蘭資本の同業ロイヤル・ダッチ・シェルが南西部ニーハムナ(Nyhamna)で手掛ける天然ガス処理プラント、米エクソンモービルの南部スラーゲン(Slagen)の製油ターミナルの3施設で、合わせて338人が働く。労働者らは新たな賃金協定を要求しており、6日の労使交渉が決裂すれば、翌7日にもストを決行する構えだ。

メルコヤ島のプラントは沖合150キロのスノービット(Snoehvit)ガス田で採掘されるガスを液化し、世界各地へ出荷。ニーハムナのガス施設はオーメン・ランゲ(Ormen Lange)ガス田で産出されるガスを処理し、英国のガス需要の約2割を賄っている。[労務]


関連国・地域: 英国ノルウェーオランダ米国
関連業種: 建設・不動産天然資源雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ヤラ、産業窒素事業のIPO実施も(06/27)

イケア、英南部で低価格住宅を建設へ(06/27)

欧州での難民申請、1~5月は11%増加(06/25)

ノルウェー中銀、政策金利1.25%に引き上げ(06/21)

ITのティエト、ノルウェー同業を買収(06/19)

トラックのボルボ、エヌビディアと技術提携(06/19)

金融11行、海運業界の脱炭素化への枠組合意(06/19)

ノルウェー、韓国と北極研究の協力で覚書(06/17)

政府系ファンド、さらなる「グリーン化」へ(06/14)

英国、排出量実質ゼロ目指す 主要先進国に先駆け2050年までに(06/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン