• 印刷する

アイルランド、英EU離脱で国境管理復活も

英国の欧州連合(EU)離脱の決定を受け、アイルランドと英領北アイルランド間の国境管理が復活する可能性が出てきた。アイルランドのフラナガン外務・貿易相の話として、ロイター通信などが3日伝えた。

アイルランドと北アイルランドの境界はブレグジット後、英国とEU間を陸路で直接行き来できる唯一の境界線となる。英・アイルランド両国は6月の国民投票後、いずれも国境管理について過去への逆戻りは望まない考えを示していた。しかしフラナガン外相はメイ英首相が来年3月末までにEU条約50条に基づく正式な脱退通告を行う方針を表明したことを受け、手続きが終わる2019年までに国境管理を再開するシナリオも排除できないと話している。

英領北アイルランドでは、アイルランドへの併合を目指すカトリック系住民と、英統治の継続を望むプロテスタント系住民が対立。1998年の和平合意締結までは、両国間の国境は軍が検問所を設置し管理していた。1993年1月には通関手続きが廃止されたが、その後も自由な通行はできず、2005年にようやく最後の検問所が撤去された経緯がある。


関連国・地域: 英国EUアイルランド
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

独、英への渡航自粛を要請=入国者は隔離(10/23)

アイルランド、全国的封鎖を再導入=欧州初(10/21)

EU、追跡アプリの連携開始=独など3カ国(10/21)

欧州各国、相次ぎ規制厳格化 地域限定の封じ込め策で対応(10/20)

ロンドンの警戒水準引き上げ 屋内での世帯間交流を禁止(10/16)

ライアンエアー、冬季の輸送能力を40%に(10/16)

アイルランド、来年度予算を発表(10/15)

英投資リンゼル、エクスペリアンに出資(10/12)

アイルランド、全土で行動制限レベルを強化(10/07)

アイスランド、バーやジムを再度営業停止へ(10/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン