ドイツ鉄道、3年ぶり値上げ=長距離で1.3%

ドイツ鉄道(DB)は9月30日、12月11日のダイヤ改正に伴い、運賃や各種料金を引き上げると発表した。長距離区間では平均1.3%の値上げとなる。本格的な運賃引き上げは3年ぶり。

乗り継ぎのない区間の通常料金は平均1.9%、1日乗車券などの時間限定パスの料金は平均3.9%引き上げられる。一方、提示すると運賃が割り引きとなる「バーンカード(Bahncard)50」と「バーンカード25」の料金は据え置かれる。

DBは、格安航空や長距離バスとの競合激化を背景に、2013年以降は長距離区間での値上げを控えていた。長距離旅客輸送部門トップのバーギット・ボーレ氏は「当社は新たな車両や魅力的なサービスの導入など、顧客サービスの品質向上に向け、向こう数年に大規模な投資を行う予定だ」と説明。投資総額は2030年までに約120億ユーロに達する見通しとしている。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 金融・保険運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

中国の自動車関税引き下げ、BMWなど恩恵(05/23)

独フェスト、ブルガリア工場に追加投資(05/23)

ギリシャの農協、ステビア加工工場開設も(05/23)

【欧州企業よもやま話】第250回・ミーレ ドイツが誇る家電の老舗(05/23)

独経済は堅調を維持=連銀月報(05/23)

ズベルバンク、トルコ子会社売却で合意(05/23)

ルフトハンザ、北米路線で格安料金導入へ(05/23)

シーメンス、クリーン・モーションと提携(05/23)

グラマー、米自動車部品TMDを買収へ(05/23)

南ア政府、BMWなどに生産倍増を呼び掛け(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン