• 印刷する

欧州で最も高齢化が進んでいるのはイタリア

欧州で最も高齢化が進んでいるのはイタリア——。こうした事実が、欧州連合(EU)の統計局ユーロスタットが9月29日公表した最新の調査で明らかになった。

2015年をベースとした調査によると、EU加盟国の中で、80歳以上の高齢者が人口全体に占める割合が最も高かったのはイタリアで、6.5%を記録した。これにギリシャ(6.3%)、スペイン(5.9%)、フランス(5.8%)、ポルトガル(5.7%)が続き、南欧諸国における高齢化が目立った。一方、高齢者の割合が最も低いのはアイルランドとスロバキアで共に3.1%。キプロスも3.2%となっている。

EU加盟国の平均は5.3%。2005年の4%から1.3ポイント上昇しており、EU全体で高齢化が進んでいることが浮き彫りとなった。2015年時点で80歳以上だった域内の高齢者数は2,700万人弱だった。

■平均余命はフランスがトップ

ユーロスタットによると、2014年時点で80歳だった人の平均余命は、フランスが11年と最も長い。このほか、スペイン(10.4年)とルクセンブルク(10.1年)、イタリア(10年)が2桁を記録している。一方、平均余命が最も短いのはブルガリアで7年。EU平均は9.5年と、10年前から1.1年延びている。


関連国・地域: フランスEUアイルランドイタリアギリシャスペインポルトガルルクセンブルクスロバキアブルガリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

イージージェット、アリタリア救済から撤退(03/20)

内相、難民救助船のイタリア入港を拒否(03/20)

PSA、伊フィアットとの合併も視野に(03/20)

欧州委、カルソニックの買収を承認(03/19)

台湾・上銀、イタリア新工場を年末稼働へ(03/19)

ランボルギーニ、豪で販売拡大目指す(03/18)

欧州新車登録、2月は1%減少(03/18)

EUの難民申請件数、昨年は11%減少(03/18)

アリタリア航空救済、米英社が厳しい条件(03/15)

<連載コラム・自動車産業インサイト>第32回 自動車のブランド価値脅かす新潮流(03/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン