航空BA、短距離線の機内食を有料化

英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)は9月29日、短距離路線のエコノミークラスで機内食を有料化すると発表した。英小売大手マークス・アンド・スペンサー(M&S)と提携し、同ブランドの軽食を提供する。英イージージェットやライアンエアー(アイルランド)など格安航空会社の手法を取り入れる格好だ。

有料化はヒースロー空港とガトウィック空港で来年1月11日から、シティー空港とスタンステッド空港では来夏までにそれぞれ開始する。

メニューはサンドイッチやポテトチップスのほか、ベジタリアン向け、グルテンフリーなどを用意。価格は全て5ポンド未満となっている。支払いには、BAのマイレージプログラム「アビオス(Avios)」のポイントも利用できる。

BAは、今回の動きは顧客調査の結果を反映していると説明。「M&Sは有名な英国のプレミアムブランドで、顧客に幅広い選択肢を与える理想的なパートナーシップだ」と強調した。

なおビジネスクラスでは、引き続き機内食が無料提供される。来春にはメニューを刷新する予定だ。

独2位の航空会社エアベルリンは8月、国内・欧州便のエコノミークラスで年内に有料の食事サービス「エア・ビストロ」を開始すると発表。英旅行大手トーマス・クック傘下の独格安航空コンドア(Condor)も、長距離便を除く全てのエコノミークラスで、水やコーヒー、紅茶の無料提供サービスを10月末で終了する方針を明らかにしている。

来年からM&Sの商品が機内で購入できる(BA提供)

来年からM&Sの商品が機内で購入できる(BA提供)


関連国・地域: 英国ドイツアイルランド
関連業種: 食品・飲料金融・保険商業・サービス運輸・倉庫観光・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

保険ゼネラリ、子会社2社を英社に売却(07/20)

<連載コラム・環境フォーカス>第26回 英国のEU離脱方針、環境規制に大混乱も(07/20)

コンチネンタルが組織再編 パワートレイン部門を上場へ(07/20)

ユニリーバ、2.4%減益 ストの影響で中南米落ち込む(07/20)

エアバス、衛星機能持つ太陽光ドローン公開(07/20)

小売売上高、6月は0.5%減少(07/20)

スポーツダイレクト、通期は12%増益(07/20)

グリーナジー、蘭のバイオ燃料工場を取得(07/20)

レストランのガウチョ、管財人の管理下に(07/20)

イージージェット、仏で航空スト巡り提訴(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン