• 印刷する

ブリュッセルにポンピドゥー・センター分館設立

パリのポンピドゥー・センターの別館がブリュッセルでオープンする。同センターとブリュッセル市が9月29日、覚書(MOU)を交わした。

開館は遅くとも2020年を予定。ただ、第1回となる展覧会は2018年以降の開催を見込んでいる。場所は地下鉄イサー(Yser)駅のそばにある、1930年代に建設されたアールヌーボー様式の建物で、仏自動車大手PSAグループが所有し、傘下ブランド「シトロエン」のディーラーなどが入居する。市当局は文化施設を設置する目的で、昨年にこの建物を2,050万ユーロで購入した。

建物の延べ床面積は1万6,000平方メートルで、年内には改装案の公募を開始する予定。

ポンピドゥー・センターは、現代美術の作品を展示する場として1977年にオープンした。2010年には仏北東部メッスに別館が開設されたほか、2014年にはベルギー国境に近いモブージュ(Maubeuge)に新たな別館を設立する計画が明らかにされている。


関連国・地域: フランスベルギー
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ベルギー、非EU市民の入国を7日まで禁止(07/03)

ベルギーの飲食店、コロナ追加料金で批判(07/02)

欧州3カ国、4G通信で中国製機器のみ使用(07/01)

英国とEU、集中協議を開始 対面での貿易交渉で現状打開へ(06/30)

ベルギー、7月からプールや映画館など再開(06/26)

ベルギー・ブルージュ市長、首を刺される(06/23)

キュアバック、2カ国で新型コロナの治験(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン