ブリュッセルにポンピドゥー・センター分館設立

パリのポンピドゥー・センターの別館がブリュッセルでオープンする。同センターとブリュッセル市が9月29日、覚書(MOU)を交わした。

開館は遅くとも2020年を予定。ただ、第1回となる展覧会は2018年以降の開催を見込んでいる。場所は地下鉄イサー(Yser)駅のそばにある、1930年代に建設されたアールヌーボー様式の建物で、仏自動車大手PSAグループが所有し、傘下ブランド「シトロエン」のディーラーなどが入居する。市当局は文化施設を設置する目的で、昨年にこの建物を2,050万ユーロで購入した。

建物の延べ床面積は1万6,000平方メートルで、年内には改装案の公募を開始する予定。

ポンピドゥー・センターは、現代美術の作品を展示する場として1977年にオープンした。2010年には仏北東部メッスに別館が開設されたほか、2014年にはベルギー国境に近いモブージュ(Maubeuge)に新たな別館を設立する計画が明らかにされている。


関連国・地域: フランスベルギー
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

アクサ、UAE再保険会社の過半数株取得へ(07/19)

ユーロ圏建設業生産、5月は0.3%増加(07/19)

リンデ、独メッサーなどに米資産売却(07/18)

日EU首脳、EPAに署名 世界最大の自由貿易圏形成へ(07/18)

台湾のサンダーパワー、ベルギーにEV工場(07/17)

ライアンエアー、愛でパイロットが追加スト(07/16)

NATO首脳会議、防衛費などが焦点に(07/13)

【ウイークリー統計】第15回 旅行しない理由と人気旅行先(07/12)

トタル、ペトロブラスと再生エネで合弁も(07/12)

ウィズエアー、ルーマニアから7路線就航(07/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン