トルコ、非常事態宣言を延長へ

トルコの国家安全保障会議(MGK)は28日、エルドアン大統領との協議の結果、非常事態宣言を延長すると発表した。トルコでは7月15日に発生したクーデター未遂を受け、同月20日に3カ月間の非常事態宣言を発令。新たな期限は定めていないが、同大統領は12カ月でも十分ではないと述べている。AFP通信などが伝えた。

当局はクーデターに関与した疑いで約3万2,000人を引き続き拘留している。MGKは今回の延長について、「民主主義と法の規律と市民の自由を守るため」と説明。また7月15日を「民主主義と自由の日」として記念することも提案した。

非常事態宣言下では内閣が議会を通さずに新法を制定できるほか、状況に応じて市民の自由や権利を制限できるため、欧州連合(EU)や米国は警戒を強めている。

エルドアン大統領はかねて、米国亡命中の宗教指導者フェトフッラー・ギュレン氏がクーデターに関わっていたと主張しているが、同氏はこれを否定している。


関連国・地域: EUトルコ米国
関連業種: 社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

トルコ鉱工業生産、5月は6.4%増に加速(07/20)

トルコ自動車生産、6月は7.1%減少(07/19)

トルコ失業率、4月は10.3%に悪化(07/18)

エアバス、クウェートの航空会社が25機発注(07/18)

トルコ、非常事態宣言を18日に終了へ(07/17)

トルコのR&D投資、2017年は17.5%拡大(07/16)

三菱電機、ニース空港向け風観測装置を受注(07/13)

トルクセル、ブロックチェーン企業連合に参加(07/12)

【ウイークリー統計】第15回 旅行しない理由と人気旅行先(07/12)

エルドアン大統領が正式就任=財務相に娘婿(07/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン