子供の体力、欧州一はアイスランド

欧州で最も体力があるのは、アイスランドの子供――。カナダの研究者が英スポーツ医学誌「ブリティッシュ・ジャーナル・オブ・スポーツ・メディシン」に寄稿した論文で、こうした事実が明らかになった。

オタワ大学博士課程のジャスティン・ラング氏が率いる研究チームは、世界50カ国の9~17歳の子供114万2,026人について、20メートル走を可能な限り繰り返す往復持久走テストの結果を収集。これを元に各国の子供の最大有酸素運動能力を比較した。

世界首位に輝いたのはタンザニア。欧州からはエストニアが3位に、ノルウェーが4位に付けた。またデンマーク(6位)、チェコ(7位)、フィンランド(8位)も上位10位に食い込んだ。

日本は5位で、最下位はメキシコだった。

ラング氏は「有酸素運動能力の高い子供は健康なケースが多く、健康な子供は健康な大人に成長する場合が多い」と話す。またこの調査では、開発途上国では経済が発展するにつれ、子供の体力が低下する傾向にあることも分かった。食料の確保や通学に体力を使う必要がなくなることが大きく、経済が急成長しているアフリカ諸国は今後こうした傾向が強くなる可能性が高いという。なお、先進国では逆に経済力と子供の体力が正比例する傾向にある。


関連国・地域: 英国EUデンマークフィンランドノルウェーアイスランドチェコエストニアアジアアフリカ中南米カナダ
関連業種: 経済一般・統計医療・薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ボルボ・カーズ、米国向け生産を欧州に移管(07/20)

欧州委、RBPLの中核銀行業務売却を承認(07/20)

<連載コラム・環境フォーカス>第26回 英国のEU離脱方針、環境規制に大混乱も(07/20)

EU、中国の電動自転車に反ダンピング関税(07/20)

広告ピュブリシス、上半期は19%減益(07/20)

【欧州における日本企業の動向】6月18日~7月1日(1)(07/20)

【欧州における日本企業の動向】6月18日~7月1日(2)(07/20)

イージージェット、仏で航空スト巡り提訴(07/20)

グーグルに史上最高額の罰金 欧州委、競争法違反で(07/19)

政府、金融NLBのIPOを年内実施へ(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン