• 印刷する

子供の体力、欧州一はアイスランド

欧州で最も体力があるのは、アイスランドの子供――。カナダの研究者が英スポーツ医学誌「ブリティッシュ・ジャーナル・オブ・スポーツ・メディシン」に寄稿した論文で、こうした事実が明らかになった。

オタワ大学博士課程のジャスティン・ラング氏が率いる研究チームは、世界50カ国の9~17歳の子供114万2,026人について、20メートル走を可能な限り繰り返す往復持久走テストの結果を収集。これを元に各国の子供の最大有酸素運動能力を比較した。

世界首位に輝いたのはタンザニア。欧州からはエストニアが3位に、ノルウェーが4位に付けた。またデンマーク(6位)、チェコ(7位)、フィンランド(8位)も上位10位に食い込んだ。

日本は5位で、最下位はメキシコだった。

ラング氏は「有酸素運動能力の高い子供は健康なケースが多く、健康な子供は健康な大人に成長する場合が多い」と話す。またこの調査では、開発途上国では経済が発展するにつれ、子供の体力が低下する傾向にあることも分かった。食料の確保や通学に体力を使う必要がなくなることが大きく、経済が急成長しているアフリカ諸国は今後こうした傾向が強くなる可能性が高いという。なお、先進国では逆に経済力と子供の体力が正比例する傾向にある。


関連国・地域: 英国EUデンマークフィンランドノルウェーアイスランドチェコエストニアアジアアフリカ中南米カナダ
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

欧州委、水素戦略計画を公表 再生エネ由来の水素を拡大へ(07/10)

英、EU離脱後の環境規則巡り正念場 <連載コラム・環境フォーカス>第45回(07/10)

イベルドローラ、再生エネ向けに融資確保(07/10)

EUの復興計画、オランダの説得が鍵(07/10)

世界の感染者数、1200万人突破=死者55万人(07/10)

JAL、8月から独仏路線が週3便に回復(07/10)

インフィニオン、カルテル巡る罰金減額(07/10)

東欧2カ国、ERM2参加が近く承認か(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン