• 印刷する

伊首相、世界最長のつり橋計画復活に意欲

レンツィ伊首相は27日、シチリア島とイタリア本土を結ぶメッシーナ海峡大橋の建設計画の復活に意欲を示した。総工費は90億ユーロ前後に上る見通し。AFP通信などが伝えた。

再検討中の橋の全長は3キロメートルと、つり橋としては現時点で世界一長い明石海峡大橋を大きく上回る。建設計画は地域経済の活性化につながるとしてベルルスコーニ政権時代に積極的に推進されたが、巨額の税金の無駄遣いとの批判が絶えず、2006年のプロディ政権発足後まもなく中止されていた。

しかしレンツィ首相はシチリア経済が本土と直接結ばれることで、双方合わせて10万人の雇用が創出されると主張。かつてプロジェクトを主導していた伊建設最大手サリニ・インプレジロ(Salini Impregilo)に対し、計画再開を後押しする姿勢を明確にしている。[労務]


関連国・地域: イタリアアジア
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ベルルスコーニ氏、伊大統領選出馬を断念か(01/20)

伊レオナルド、一時帰休巡り労組と合意(01/20)

コロナパス導入国、経済効果を確認=研究(01/19)

ティッセンクルップ、水素電解事業を改称(01/18)

ステランティス、セルビア工場で生産再開(01/17)

伊政府、コロナ打撃業界に20億ユーロ支援へ(01/14)

イタリア鉱工業生産、11月は1.9%増加(01/14)

政府、テレコムイタリア資産の保有権維持へ(01/13)

フェラーリ、経営合理化に向けた新体制発表(01/12)

DIC、接着剤サピッチを買収(01/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン