パリ市、ヌーディスト地帯の新設承認

パリ市議会は26日夜、市内にヌーディスト地帯を設ける計画を承認した。緑の党が提案したもので、来年夏に公園か郊外の緑地に試験的に開設する。BBC電子版などが伝えた。

賛成派は多くのヌーディスト海岸が存在するフランスにおいて、首都にもそうした場所があるべきだと主張。イダルゴ市長もこれに賛同している。ジュリアール副市長によると、候補地は西方16区のブローニュの森か東方12区のバンセンヌの森が最有力という。

しかし反対派は、イスラム教徒の女性向け水着「ブルキニ」の着用禁止をめぐる激しい論争が続いている時期だけに、首都にヌーディスト地帯を設けることは挑発と受け止められかねないと懸念を示している。

なおパリ市はチュイルリー庭園からバスティーユへ延びる約3.3キロメートルの高速道路を歩道に変える計画も承認。渋滞がさらに悪化するとの批判の声が上がっている。


関連国・地域: フランス
関連業種: 電力・ガス・水道社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

製造業景況感、5月は横ばい(05/25)

PSA、「デジタル・ファクトリー」開設(05/25)

ロシアの乗用車生産、4月は21.6%増加(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

ユニボールの豪社買収、取引成立に青信号(05/25)

スマホの中国・小米、パリに初店舗オープン(05/25)

ウーバー、パリに「空飛ぶタクシー」研究所(05/25)

自動車部品オートディス、IPO実施を延期(05/25)

蓄電池ゾンネン、石油シェルが出資(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン