• 印刷する

ブダペストでくぎ爆弾が爆発、警察官2人負傷

ブダペスト中心部の路上で24日午後10時半ごろ(現地時間)、くぎ爆弾が爆発し、巡回中の警察官2人が負傷した。犯人は捕まっておらず、警察は「警察官を狙った犯行」と断定。テロの可能性も含めて捜査を進めている。BBC電子版などが伝えた。

警察によると、犯人は20~25歳の男で、身長は170センチメートル前後。明るい色の釣り用帽子、暗い色のジャケット、ジーンズ、スニーカーを着用していた。動機は不明だ。

爆発の被害に遭ったのは女性(23)と男性(26)の警察官。女性は重態で、集中治療を受けている。男性も重傷を負ったが、現在は容態が安定しているという。警察は、犯人逮捕につながる情報提供者に1,000万フォリント(4万ドル)の報奨金を与えるとしている。


関連国・地域: ハンガリー
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ディジ、インビテル買収の承認取り消しに(11/20)

製薬エージス、ケルメンド工場に投資(11/16)

マケドニア元首相、ハンガリーで亡命申請(11/15)

チェコ、国連移民協定への不参加を閣議決定(11/15)

ハンガリーGDP、第3四半期は4.8%拡大(11/15)

ブルガリア、国連の移民協定への署名拒否も(11/14)

VW、独のEV電池コンソーシアムに参加も(11/14)

第1次世界大戦から百年、パリで記念式典(11/13)

ハンガリー鉱工業生産、9月は2.1%減少(11/12)

ハンガリー貿易収支、9月は黒字縮小(11/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン