• 印刷する

オスロ、大気汚染がひどい日の通行料を5倍に

オスロでは今冬から、大気汚染の深刻な日に限り道路通行料が通常の5倍に引き上げられる見通しだ。自動車の通行量を減らす環境対策の一環。ザ・ローカルが23日伝えた。

通行料の引き上げは、オスロ市議会および同市が所在するアーケシュフース(Akershus)県の議会での承認を経て実施される見込み。乗用車の通行料は160ノルウェークローネ(20ドル)に、大型車は480ノルウェークローネにそれぞれ値上げされる見通しだ。

調査によると、道路通行料をこの水準まで引き上げれば、オスロ市内の車両通行量は27%減ると予想され、大気汚染物質である二酸化窒素(NO2)の排出量削減が期待できる。昨冬には大気汚染が深刻な日が計4日あった。

ただ、ノルウェー自動車連盟(NAF)は、市当局はこうした緊急対策よりも、駐車場やシャトルバスを拡充して通勤客のパークアンドライドを促すなど、長期的解決策を提案するべきと訴えている。同市は昨年10月、大気汚染の軽減に向け2019年までに市中心部への乗用車乗り入れを禁止する方針を打ち出し、自転車専用道路を2路線敷設する計画も進めている。[環境ニュース]


関連国・地域: ノルウェー
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ノルウェー政府、毛皮業者禁止案の詳細公表(04/17)

EU、新ガス導管に2億ユーロの助成金拠出(04/17)

バルト海最大の風力発電所が稼働開始(04/17)

マと露、パーム油と兵器のバーター協議か(04/12)

買春の違法化求める嘆願書、蘭議会に提出(04/11)

通信テレノール、DNAの株式54%を取得(04/10)

オスロ証取買収、いずれの案でも当局は承認(04/09)

メディア大手INM、身売り交渉を開始(04/05)

ノルウェー新車販売、3月はEVが6割弱(04/03)

離脱でEU域外との貿易に支障も=専門機関(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン