アイスランド、「アンジェリーナ」の名前解禁

アイスランドで女の子に「アンジェリーナ」の名前を用いることができるようになった。AFP通信が22日伝えた。

アイスランドでは子供の命名に完全な自由がなく、命名委員会による公認の名前から選ぶ必要がある。同委は親たちからの要望を踏まえて定期的に名前を増やしており、今回は11の名前を追加。男子名として「エイヤル」、「キラン」、女子名としては「アンジェリーナ」のほか、「ルナ」、「ホフディス」、「エイリフ」などが新たに加わった。ただしアイスランド語の文法に基づき、アンジェリーナ(Angelina)のiの文字にはアクセント符合を付ける必要がある。

こうした名前の制約はアイスランドの伝統や言語を守るのが目的とされるが、若者をはじめ多くの国民は時代遅れと考えている。もっとも、命名委員会は近く廃止される可能性も出ている。政府は6月に廃止法案を提出しているが、議会での採決は10月末の総選挙以降となる見通しだ。


関連国・地域: アイスランド
関連業種: 社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

アイスランド、金融危機以来の資本規制を解除(03/14)

アイスランド政府は12日、2008年の金融危機の際に導入した資本規制を14日に完全に解除すると発表した。これ…

続きを読む

欧州出身の在英医師、過半数が移住を検討(03/03)

欧州出身の在英医師の過半数が、英国の欧州連合(EU)離脱の決定を受けて国外への移住を検討している。医…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン