• 印刷する

ローマ市、2024年五輪招致から撤退

ローマのビルジニア・ラッジ市長は21日、2024年夏季オリンピック(五輪)の招致から撤退する方針を表明した。招致レースに参加するのは、これでパリ、ブダペスト、ロサンゼルスの3都市となった。ANSA通信などが伝えた。

ラッジ市長は撤退の理由について、多額の債務を抱える同市は、巨額の五輪開催費用を負担する余裕はなく、財政崩壊を招きかねないと説明した。ラッジ市長所属の新興政党「五つ星運動」は、これまで一貫して五輪招致に否定的だった。

ローマ市は2020年の夏季五輪にも名乗りを上げていたが、当時のモンティ首相が国の財政問題を懸念し、断念した経緯がある。また、米ボストンとハンブルクもそれぞれ2015年7月、同11月に立候補を取りやめている。


関連国・地域: ドイツフランスイタリアハンガリー米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ピアジオ、越でベスパの新モデル2車種発売(11/16)

<欧州経済の潮流を読む>第8回 イタリアのEU財政ルールへの挑戦の行方(11/16)

欧州新車登録、10月は7%減 主要5カ国が引き続きマイナス(11/16)

独高級車3社、明暗分かれる アウディが不振=10月の世界販売(11/15)

ユーロ圏GDP、0.2%拡大 第3四半期=2次速報値(11/15)

欧州委の修正要求を拒否 伊政府、2019年度予算案巡り(11/15)

スノーピーク、ロンドンに英子会社設立(11/15)

エニ、アブダビ社にエジプトのガス権益売却(11/14)

トルコ自動車生産、10月は16%減少(11/14)

携帯電話ボーダフォン、上半期は赤字転落(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン