ローマ市、2024年五輪招致から撤退

ローマのビルジニア・ラッジ市長は21日、2024年夏季オリンピック(五輪)の招致から撤退する方針を表明した。招致レースに参加するのは、これでパリ、ブダペスト、ロサンゼルスの3都市となった。ANSA通信などが伝えた。

ラッジ市長は撤退の理由について、多額の債務を抱える同市は、巨額の五輪開催費用を負担する余裕はなく、財政崩壊を招きかねないと説明した。ラッジ市長所属の新興政党「五つ星運動」は、これまで一貫して五輪招致に否定的だった。

ローマ市は2020年の夏季五輪にも名乗りを上げていたが、当時のモンティ首相が国の財政問題を懸念し、断念した経緯がある。また、米ボストンとハンブルクもそれぞれ2015年7月、同11月に立候補を取りやめている。


関連国・地域: ドイツフランスイタリアハンガリー米国
関連業種: 社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

保険ゼネラリ、子会社2社を英社に売却(07/20)

トルコ自動車生産、6月は7.1%減少(07/19)

伊メディアセット、EIタワーズにTOB(07/19)

コーヒーのイリー、JABやネスレが関心(07/19)

日立、ミラノ地下鉄向け車両72両を追加受注(07/18)

モンテ・パスキ、不良債権証券化で国家保証(07/18)

欧州新車登録、5.2%増加 6月として過去最高を記録(07/18)

伊政府、500億ユーロの追加投資計画を提案(07/17)

ルノー、上半期の記録更新 露・南米が回復=世界販売台数(07/17)

伊下院、元国会議員の年金削減案を可決(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン