• 印刷する

若者の大麻使用率、トップはチェコ

欧州で若者の大麻使用率が最も高いのはチェコ――。酒類・麻薬に関する学校調査プロジェクト(ESPAD)が20日、このような調査結果を明らかにした。

調査は2015年、16歳を迎える欧州35カ国の生徒9万6,043人を対象に行われた。過去に大麻を使用したことのある若者の割合は、チェコが37%と最も高い。2位はフランスとモナコで共に31%、3位はリヒテンシュタインで30%だった。認可を受けたカフェなどでの大麻購入と吸引が合法なオランダは22%と、トップ10に入らなかった。なお、35カ国の平均は16%だった。

男女別平均は、男子が19%、女子が14%で、ほとんどの国で男子が上回った。男女差が大きかったのはアルバニア、ジョージア、リヒテンシュタインで、いずれも10ポイント以上の差がある。

ESPADが併せて発表した若者の喫煙と飲酒に関する調査によると、過去30日の間に「喫煙した」と答えた16歳の若者は欧州全体で平均21%。「酔うまで酒を飲んだ」としたのは35%だった。ただ、いずれも低下傾向にある。


関連国・地域: フランスEUリヒテンシュタインモナコオランダチェコジョージア
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

欧州委、仏イリアドのプレイ買収計画を承認(10/28)

【欧州企業よもやま話】第317回:アナナス・アナム パイナップルでできた“革製品”(10/28)

WTO、EUの対米報復関税を正式承認(10/28)

西バルカン、来夏に国際ローミング料廃止(10/28)

EU、ナイジェリア候補支持 WTO事務局長選(10/28)

伊、飲食店の営業制限=スペインは外出禁止(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン