• 印刷する

オランド仏大統領の支持率、過去最低の16%に

オランド大統領の支持率が過去最低に達している。来年に大統領選を控える中、わずか16%に下がった。一方、バルス首相については、低水準ながらもやや改善が見られる。仏世論調査会社オドクサ(Odoxa)が20日発表した最新調査で、こうした結果が出た。

それによると、オランド大統領が「良い大統領」との回答は16%と6月の前回調査から横ばい。左派の回答者でも37%にとどまる。バルス首相の支持率は27%と、前回から3ポイント改善。左派の間では42%と、6ポイント回復した。

オドクサは、他の政治家についても調査結果を発表している。最も人気のある政治家はジュペ元首相で、39%が「支持する」または「好感が持てる」と答えた。同氏は最大野党・共和党の大統領候補を目指しているとされる。2位は8月末に辞任したマクロン前経済・産業・デジタル相(31%)で、自ら結成した新党「アン・マルシュ(進め)」からの大統領選出馬がささやかれている。極右政党・国民戦線のマリーヌ・ルペン党首は1ポイント上げて27%と、4位に付けた。

仏経済紙レゼコーとラジオ・クラシークが世論調査会社ELABEに委託して実施した5月の調査でも、オランド大統領の支持率は16%にとどまった。


関連国・地域: フランス
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

ゴーンCEOの交代要請 仏政府、ルノーの安定化求め(01/18)

日立、英原発建設計画を凍結 今期に3000億円の損失計上(01/18)

エアバス、米国で「A220」の新工場が着工(01/18)

プラスチック廃棄物除去のアライアンス始動(01/18)

英プレミア・フーズ、CFOが暫定CEOへ(01/18)

ユーロ圏建設業生産、11月は0.1%減少(01/18)

英独立党党首ら、ルペン氏の政治会派に合流(01/18)

欧州新車登録、12月は8.4%減少(01/17)

ルノー、ゴーン氏の会長兼CEO職解任も(01/17)

ノキア、フィンランドで年内に350人整理へ(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン