• 印刷する

オクトーバーフェスト、出足はいまひとつ

独バイエルン州ミュンヘンで開かれている世界最大のビールの祭典「オクトーバーフェスト」の客足が伸び悩んでいる。9月17日の開幕後、最初の週末に会場を訪れた人の数は約50万人と昨年から半減。テロの脅威に加え、悪天候が足を引っ張った。ザ・ローカルなどが19日伝えた。

ミュンヘンでは7月、市内のショッピングセンターの銃乱射事件で9人が死亡したほか、周辺部でも列車内での乗客襲撃事件や野外コンサート会場付近での自爆事件などが発生している。これを受け、オクトーバーフェストは過去200年近い歴史で初めて会場の周りにフェンスを設置。また、警備員を450人に倍増したほか、29カ所に監視カメラを設置するなど、安全対策を強化した。これに加え、会場を巡回する警察官も100人ほど増員されており、開幕イベントの目玉となるパレードは問題なく終了した。

ただ、同市では過去数週間続いた好天が開幕前夜に一転。日曜日まで雨足は弱まらなかった。出足はつまづいたものの、ミュンヘン市長は「悪天候のおかげで、地元住民がオクトーバーフェストで席を確保できる格好の機会となった」と好意的なコメントを寄せている。

オクトーバーフェストは1810年、バイエルン王子ルードヴィヒ1世と王女テレーゼの結婚を祝ったのを起源とする。世界でも最大級の庶民のお祭りで、国内外から600万人近くの訪問客を見込む。入場は無料で、事前に席を予約することが可能。今年は10月3日まで開催される。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ING、独コメルツ銀との提携視野に接近か(04/18)

欧州新車登録、3.9%減少 主要5カ国が軒並み不振=3月(04/18)

ダイムラー、電池素材の米新興企業に出資(04/18)

自動車産業の「命取り」になりうるCO2規制 <連載コラム・自動車産業インサイト>第33回(04/18)

【ウイークリー統計】第35回 牛乳の使い道とアイスクリーム(04/18)

ドイツの対露投資、過去10年で最高に(04/18)

金融当局、ワイヤーカード株取引で刑事告訴(04/18)

ドイツ機械受注高、2月は10%減少(04/18)

ユニリーバの会長、米バイオ企業の取締役に(04/18)

ボッシュ、独南西部に音響試験センター開設(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン