• 印刷する

ベルギーで未成年が安楽死=年齢制限撤廃後で初

ベルギーの連邦安楽死委員会は、17歳の未成年が安楽死を選択したと発表した。2013年に安楽死の年齢制限を撤廃する法案を可決して以来、未成年に安楽死が適用されたのは初めて。BBC電子版などが17日伝えた。

ベルギーでは2002年に18歳以上の成人を対象に、激しい痛みを伴うなどの末期症状に苦しむ患者を対象に安楽死と自殺ほう助を合法化。2014年には、世界で初めて年齢制限を撤廃した。未成年についてはこうした症状のほか、本人が状況を正しく理解し、主治医の同意と両親の承認が得られている場合に限られる。

同委のディステルマンズ委員長は「幸いなことに安楽死の検討対象となる未成年はごくわずかだが、彼らの尊厳死を選ぶ権利を無視してはならない」と説明。今回、安楽死を選択した未成年については、末期疾患に侵された患者の特殊な例だったと述べるにとどまった。

ベルギー以外では唯一、オランダが12歳以上に安楽死の権利を認めている。このほか、ルクセンブルクやスイス、コロンビア、カナダ、米国のワシントン州やカリフォルニア州などが、成人を対象に安楽死や自殺ほう助を認めている。


関連国・地域: ベルギールクセンブルクスイスオランダ米国中南米
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

保険アジアス、印同業の株式40%取得(11/19)

ユーロ圏インフレ率、10月は改定値も2.2%(11/19)

離脱条件巡る文面で暫定合意 英国とEU、臨時サミットに道筋(11/14)

セルビアとコソボの交渉、再び行き詰まり(11/12)

老舗2百貨店の統合計画、競争当局が承認(11/12)

金融ソジェン、第3四半期は32%増益(11/09)

アホールド・デレーズ、26.7%増益(11/08)

仏、メタムナトリウム系農薬を無期限で禁止(11/07)

ユーロ圏生産者物価、9月は4.5%上昇(11/07)

ヒューゴ・ボス、第3四半期は18%減益(11/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン