• 印刷する

チャンピ元伊大統領が死去=ユーロ導入を推進

イタリア政府は16日、ユーロ導入の立役者とされるカルロ・アゼリョ・チャンピ元大統領がローマ市内の病院で亡くなったと発表した。長年にわたり病を患っていたという。95歳だった。

チャンピ氏は1946年に中銀のイタリア銀行に入行。1979年~1993年まで総裁を務め、中銀と政治の分離独立に貢献した。1993~1994年には首相に就任し、政治・経済改革に尽力した。1996年のプロディ内閣入閣後は、ユーロ導入を推進。ユーロ特別税を含む増税などを通してイタリアの財政赤字を1996年の対国民総生産(GDP)比6.7%から、1997年には2.7%まで削減し、1999年のユーロ導入を実現した。国民から厚い信望を得て、1999年~2006年に大統領を務めた後、終身上院議員となっていた。

レンツィ首相はチャンピ氏を「情熱をもってイタリアに尽くした主導者」として賞賛。欧州委員会のユンケル委員長は「今日、私たちは偉大なイタリア人で、かつ欧州人だった人物を失った」と同氏の死を悼んだ。

ユーロ導入を推進した故チャンピ元大統領(大統領官邸提供)

ユーロ導入を推進した故チャンピ元大統領(大統領官邸提供)


関連国・地域: EUイタリア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

イタリア、社会保障と年金改革案を閣議決定(01/21)

EU住宅価格、第3四半期は4.3%上昇(01/21)

SWM、二輪車を印で値引き販売(01/21)

香港の投資家、伊インテル株3割を取得か(01/21)

中国、仏豪伊産のワイン輸入が減少(01/21)

格安航空NAS、一部運航路線から撤退(01/18)

プラスチック廃棄物除去のアライアンス始動(01/18)

英独立党党首ら、ルペン氏の政治会派に合流(01/18)

イタリア製造業受注、11月は0.2%減少(01/17)

欧州新車登録、12月は8.4%減少(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン