• 印刷する

スコッチウイスキーの輸出量、上半期は3%増加

英国のスコッチウイスキー協会(SWA)は16日、上半期(1~6月)のスコッチウイスキーの輸出量が5億3,300万本(1本=700ミリリットルボトル)となり、前年同期比3.1%拡大したと発表した。最大市場のフランスが好調に推移しているほか、第3市場のインドで需要が大きく拡大し、3年ぶりに増加に転じた。

うち、主力のブレンド・ウイスキーは3億6,200万本と1%増を確保。シングルモルト・ウイスキーは4,900万本と3%増加した。輸出額は全体で17億ポンドと1%減少。ブレンドは11億6,000万ポンドと1年前から4%減ったが、シングルモルトは6%増えて4億3,100万ポンドとなっている。

スコッチウイスキーの輸出量はフランス、輸出額は米国がそれぞれ最も多かった。インド向けは輸出量が大きく41%、輸出額は28%拡大している。

SWAのデービッド・フロスト会長は今回の結果について「過去数年間の低迷期を脱し、世界的に需要回復がみられる」と説明。業界全体で伝承技術の継承に注力していることが奏功しており、今後も成熟市場と新興市場の両方で成長が期待できるとした。ただ、英国の欧州連合(EU)離脱決定による先行き不透明感に対しては、懸念を表明。政府に対し、対外的な自由貿易の早急な確立を迫るとともに、減税や規制環境の整備を進め、地場産業を支援するよう提言している。


関連国・地域: 英国フランスEUアジア
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ヒースロー空港、欧州首位転落 第3四半期は利用者数8割減(10/29)

一時帰休後の失職率、若者と非白人で高く(10/29)

メルセデス、アストンマーティンに追加出資(10/29)

BT、大都市でエリクソンから5G機器調達(10/29)

製薬GSK、第3四半期は13%減益(10/29)

金融HSBC、年初から6千人削減(10/29)

ユニリーバ、インドネシアで1.3%減益(10/29)

ヒア、カーナビで英ホワット3ワーズと提携(10/28)

飲食店、一部で“抜け穴”利用 ビジネス客呼び込みを政府が警戒(10/28)

英首相、休暇中の給食無料提供を検討か(10/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン