アマゾン、英独で人工知能スピーカー発売

米オンライン販売大手アマゾンは14日、人工知能(AI)を搭載したスピーカー「エコー(Echo)」と小型サイズの「エコードット(Echo Dot)」を近く英国とドイツで発売すると発表した。これまでユーザーによる音声指示機能を各国の訛りに対応させる必要があるといった理由などから、米国以外での発売を見合わせていた。

「エコー」は、搭載された音声アシスタントソフトの愛称である「アレクサ(Alexa)」と呼び掛けることで起動し、音楽を再生したり、インターネットに接続された機器を操作することができる。音楽配信スポッティファイや配車サービスのウーバーといったサービスとリンクさせることも可能だ。

米国では2014年11月の販売開始以降、160万~500万個売れたと推定されている。「エコー」は、米国のSF映画『スタートレック』からヒントを得て開発されたという。

人工知能を搭載したスピーカー「エコー」(アマゾン提供)

人工知能を搭載したスピーカー「エコー」(アマゾン提供)


関連国・地域: 英国ドイツEU
関連業種: IT・通信商業・サービス運輸・倉庫観光・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

ギリシャ、金融支援脱却後の成長計画を発表(05/25)

MKB銀行、最大30%株を上場へ(05/25)

ガスプロム、罰金回避へ EU競争法違反巡る問題に決着(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

<連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第3回 進むユーロ安の背景(05/25)

独GDP成長率、改定値も0.3%(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

ディーゼル車規制、ハンブルクで31日から(05/25)

【ウイークリー統計】第8回 老年人口指数と若年層の実家暮らし(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン