• 印刷する

世界一「持続可能」な都市はチューリヒ=調査

世界で最も持続可能性の高い都市はチューリヒ――。オランダの建設コンサルティング大手アルカディス(Arcadis)が公表した「2016年持続可能都市インデックス」で明らかになった。欧州は上位20都市のうち16都市を占めている。

同社はシンクタンクの経済ビジネス・リサーチ・センター(CEBR)と共同で世界の主要100都市を対象に調査を実施。生活の質、環境、経済力の3分野にわたる計32項目のデータを総合し指数を算出した。

首位のチューリヒの指数は74.6%。同市は、環境と経済力の分野でそれぞれ1位、5位に立ったものの、生活の質では27位にとどまっている。報告書では、同市が人口1人当たりの電力消費量を2050年までに2,000ワットに抑える計画を進めている点や、公共交通機関が整備されていることなど、環境面での取り組みを高く評価。一方、生活の質については、生活コストやワーク・ライフ・バランスに改善の余地があるとした。

全体で2位はシンガポール(74.1%)、3位はストックホルム(73.9%)だった。これにウィーン(73.4%)、ロンドン(73.2%)、フランクフルト(70.6%)が続く。欧州からはほかに、ハンブルク(8位)、プラハ(9位)、ミュンヘン(10位)がトップテンに食い込んでいる。


関連国・地域: 英国ドイツオーストリアスウェーデンスイスチェコアジア欧州
関連業種: 建設・不動産運輸天然資源電力・ガス・水道サービスマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

食品ネスレ、スキンヘルス事業を売却へ(09/21)

ポルシェなど、ARディスプレー企業に出資(09/21)

GSK、インド事業売却にネスレなど名乗り(09/20)

食品ネスレ、生保部門を米社に売却(09/19)

【欧州企業よもやま話】第263回・アコーホテルズ 中間層向けの「ノボテル」で成功(09/19)

クラリアント、サウジ社と材料事業を統合(09/19)

UBS、フランクフルトを欧州事業の本拠に(09/18)

グレンコア、シェブロン南ア事業の買収承認(09/17)

クラリアント、ルーマニアにエタノール工場(09/17)

ノバルティス、印社が一部事業を取得(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン