• 印刷する

難民割当めぐるハンガリー国民投票、4割に迷い

欧州連合(EU)の難民割当計画受け入れの是非を国民投票で問うハンガリーで、国民の4割超が態度を決めかねている――。こうした事実が、Zaveczリサーチが実施した最新調査で明らかになった。ブダペスト・ビジネス・ジャーナルが12日伝えた。

10月2日に実施される国民投票に行くと回答した人の割合は、8月末時点で53%と1カ月前から変化がなかった。ただ、「是非を決めかねている」とする人は41%に上り、国民の間に依然として迷いがあることが浮き彫りになった。

国民投票は「EUが、ハンガリー議会の承認を得なくても、非ハンガリー国民の国内への強制移住を規定することを望むか」の賛否を二者択一で問う。これに反対する野党は、投票に行かず、国民投票を無効化するよう呼び掛けている。一方、人権擁護のNGO(非政府組織)であるハンガリー・ヘルシンキ委員会は、投票に出向いた上で白票を投じ、政府の難民政策に抗議すべきだとしている。

EUは昨年9月、中東やアフリカからギリシャとハンガリー、イタリアに到着した難民16万人の域内移住に向け、加盟各国の割当数を決めたが、ハンガリーは受け入れを拒否。同国のオルバン首相は、国境のフェンス設置や移民法の厳格化など、難民問題に対して一貫して厳しい態度で臨んでいる。[EU規制]


関連国・地域: EUイタリアギリシャハンガリーアフリカ中東
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ヘル・エナジー、シクソー拠点の拡張完了(02/15)

EUの再生可能エネ比率、17.5%に上昇(02/13)

欧州オートバイ登録台数、昨年は9.9%増加(02/13)

オルバン首相、子持ち世帯の支援計画を発表(02/12)

ハンガリー鉱工業生産、12月は2.5%増加(02/12)

製薬リヒター、通期は3.5倍超に増益(02/11)

欧州お薦め観光地、2019年首位はブダペスト(02/08)

国際投資銀、本社をブダペストに移転(02/07)

OTP銀、仏ソジェンのモルドバ事業を取得(02/07)

ハンガリー小売売上高、12月は4.1%増加(02/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン