トルコ東部で自動車爆弾が爆発、48人負傷

トルコ東部のバン県で12日、自動車爆弾が爆発し、少なくとも48人が負傷した。現場は県知事オフィスから約200メートルの距離にあり、与党・公正発展党(AKP)の現地本部にも近い。現地英字紙ホリエット・デイリー・ニュース電子版などが伝えた。

事件は午前11時ごろ(現地時間)に発生。現場に止めてあった自動車爆弾が起爆され、近くの4階建ての建物が損傷したほか、現場周辺で火災が発生した。AKPの地方議員は、爆発は同党の現地本部を狙ったものだが、厳重に警戒されていたため施設にほとんどダメージはないと説明した。

犯行声明は出ていないものの、トルコからの分離独立を目指すクルド人武装組織「クルド労働者党(PKK)」が事件の背後にいるとみられている。なお、この日はイスラム教の祝日である犠牲祭の初日だった。


関連国・地域: トルコ
関連業種: 自動車・二輪車社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

トルコのR&D投資、2017年は17.5%拡大(07/16)

三菱電機、ニース空港向け風観測装置を受注(07/13)

トルクセル、ブロックチェーン企業連合に参加(07/12)

【ウイークリー統計】第15回 旅行しない理由と人気旅行先(07/12)

エルドアン大統領が正式就任=財務相に娘婿(07/11)

ロシア、米国の一部製品に報復関税(07/10)

エルドアン大統領、公務員1.8万人超を解雇(07/10)

トルコ北西部で列車が脱線、24人死亡(07/10)

トルコ、酒類に15.5%の特別消費税を追加(07/06)

トルコアイス「MADO」、台湾で展開へ(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン