• 印刷する

トルコ東部で自動車爆弾が爆発、48人負傷

トルコ東部のバン県で12日、自動車爆弾が爆発し、少なくとも48人が負傷した。現場は県知事オフィスから約200メートルの距離にあり、与党・公正発展党(AKP)の現地本部にも近い。現地英字紙ホリエット・デイリー・ニュース電子版などが伝えた。

事件は午前11時ごろ(現地時間)に発生。現場に止めてあった自動車爆弾が起爆され、近くの4階建ての建物が損傷したほか、現場周辺で火災が発生した。AKPの地方議員は、爆発は同党の現地本部を狙ったものだが、厳重に警戒されていたため施設にほとんどダメージはないと説明した。

犯行声明は出ていないものの、トルコからの分離独立を目指すクルド人武装組織「クルド労働者党(PKK)」が事件の背後にいるとみられている。なお、この日はイスラム教の祝日である犠牲祭の初日だった。


関連国・地域: トルコ
関連業種: 自動車・二輪車政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

エルドアン大統領、アフリカ3カ国歴訪(10/19)

エルドアン大統領、中銀副総裁2人また更迭(10/15)

シブール、トルコの需要増受け生産拡大へ(10/15)

トルコ国民の半数、総選挙で与党敗北を予想(10/14)

北キプロス内閣が総辞職=早期総選挙も(10/14)

トルコ鉱工業生産、8月は13.8%増加(10/13)

トルコ失業率、8月は12.1%で横ばい(10/12)

チャブ、シグナのアジア・トルコ事業を買収(10/12)

サバンジュ、たばこ合弁の持ち株売却(10/11)

トルコ議会、パリ協定を批准=G20で最後(10/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン