• 印刷する

伊ピニンファリーナ、トルコの管制塔設計で受賞

自動車などのデザインを手掛ける伊ピニンファリーナ(Pininfarina)は、米建設コンサルティング大手AECOMと共同設計したトルコ・イスタンブール新空港の管制塔が、米シカゴ建築・デザイン博物館などが主催する国際建築賞を受賞したと発表した。

同賞は建築業界で最大規模の賞とされ、超高層ビルや商業施設、不動産プロジェクトの中からデザインやプランニング、持続可能性などの点で優れた作品に与えられる。今年は世界中から370件のプロジェクトがエントリーしていた。授賞式は23日にアテネで行われる。

ピニンファリーナとAECOMは昨年12月、イスタンブール新空港の管制塔と技術施設のデザインコンペで優勝。同コンペには、英ザハ・ハディド・アーキテクツなど6社が参加していた。管制塔はイスタンブールの象徴であるチューリップをモチーフに、自動車や航空機の設計と同様に空気力学を用いた。また、トルコの伝統建築の要素も取り入れている。

イスタンブール新空港は2018年の開業を予定し、年間利用者数は世界最大の1億5,000万人に達する見込み。

デザインはチューリップをモチーフにしている(ピニンファリーナ提供)

デザインはチューリップをモチーフにしている(ピニンファリーナ提供)


関連国・地域: 英国イタリアギリシャトルコ米国
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

トルコ自動車生産、10月は16%減少(11/14)

南北キプロス、8年ぶりの新検問所が開通(11/14)

ブルガリア、国連の移民協定への署名拒否も(11/14)

伊プロメテオン・タイヤ、トルコ工場に投資(11/13)

第1次世界大戦から百年、パリで記念式典(11/13)

トルコ、風力発電所4カ所の入札開始(11/12)

VW、2万ユーロの低価格EV投入を計画(11/12)

ウニクレディト、第3四半期は大幅減益(11/09)

トルコ航空、アゼルバイジャン新路線を就航(11/09)

トルコのアルビメディカ、ステント工場建設(11/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン