• 印刷する

スペイン北西部で列車脱線=少なくとも4人死亡

スペイン北西部のガリシア州ビーゴ(Vigo)の南に位置するオ・ポリーニョ(O Porrino)付近で9日午前9時30分ごろ(現地時間)、3両編成の列車が脱線した。これまでに運転士1人を含む4人の死亡が確認されている。現地紙エル・パイスなどが伝えた。

1両目は横転して送電鉄塔に激突し、前面が大破。約65人の乗客のうち、50人近くが負傷したという。

オ・ポリーニョのガルシア市長によると、事故原因は速度違反の可能性が高く、現場から回収されたブラックボックスの解析が進められている。

事故列車はビーゴからポルトガル北部のポルト(Porto)に向かっていた。この路線はスペイン国鉄(Refne)とポルトガル国鉄が2011年から共同運行している。

スペインでは2013年7月、やはりガリシア州のサンティアゴ・デ・コンポステーラ近郊で、スペイン国鉄が運行する高速列車が脱線事故を起こし、79人の死者を出した。


関連国・地域: スペインポルトガル
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

OECD、ユーロ圏の成長見通し引き上げ(05/23)

スペイン製造業受注、3月は1.9%減少(05/23)

サイペム、中東とノルウェーでEPC受注(05/23)

センビオン、シーメンスガメサや東芝が関心(05/23)

グルーポアントリン、独で照明工場など開設(05/23)

スーパーのディア、破産申請手続きを回避(05/22)

VWの世界販売、4月は6.6%減少(05/22)

コベストロ、自動車の最終塗装の安全性向上(05/22)

スペイン議会、7月初めに新首相を選出へ(05/21)

アドリア海横断ガス導管、9割弱が敷設完了(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン