スロベニアにビールの噴水登場=観光の呼び水に

スロベニア中部ジャレツ(Zalec)で6日、欧州初の「ビールの噴水」が稼働し、ビール愛好家や見物人ら数百人が集まって完成を祝った。

新名所「グリーン・ゴールド・ファウンテン」は、ビールの原料ホップの名産地であるジャレツの企業や自治体が、観光の新たな目玉にしようと2014年から計画。ビール好きにとっては一見、夢のような噴水だが、無料で飲み放題というわけではない。マイクロチップが付いた特殊なマグ(6ユーロ)を購入し、噴水のタップにかざすと自動的に100ミリリットル分が注がれ、1度に5杯まで楽しめる仕組みだ。噴水には8つのタップが取り付けられており、稼働当初は5種類のビールをそろえた。ビールの噴水は10月31日まで、午前10時~午後9時まで利用できる。専用マグはジャレツの観光案内所などで購入できる。

噴水の総工費は35万ユーロ。自治体が半額を拠出し、残りは民間からの出資や寄付で賄った。この企画は全面的に支持されたわけではなく、地元議会の2月初めの臨時会合では、議員の3分の1が反対票を投じていた。だが外部からの注目度は高く、各地から問い合わせが殺到したという。


関連国・地域: スロベニア
関連業種: 食品・飲料電力・ガス・水道観光・娯楽政治

その他記事

すべての文頭を開く

ユーロ圏建設業生産、12月は0.1%増加(02/20)

ユーロ圏鉱工業生産、12月は0.4%増加(02/15)

ユーロ圏小売売上高、12月は1.1%減少(02/06)

マケドニア、南東欧で最も経済の自由度高く(02/05)

家電ゴレーネ、提携案の応札期限は3月7日(02/05)

中東欧8カ国、EU拠出金の引き上げに同意(02/05)

欧州委、金融NLBの再編巡り本格調査(01/29)

欧州オートバイ登録台数、昨年は9.5%減少(01/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン