• 印刷する

大学ランキング、英ケンブリッジが4位に転落

高等教育機関の調査会社クアクアレリ・シモンズ(Quacquarelli Symonds)が6日発表した「QS世界大学ランキング」で、英国のケンブリッジ大学が4位にとどまった。トップスリーからの転落は、ランキングを開始した2004年以降で初めて。

同ランキングでは、学術界や教職員の間での評価、学部ごとの論文被引用数、スタッフと学生数の比率、国際的な評判などに基づき、世界の大学をランク付けしている。

首位は米国のマサチューセッツ工科大学(MIT)が5年連続で輝いた。同スタンフォード大学は3位から2位に上昇し、ハーバード大学と順位が入れ替わった。英国勢は他にオックスフォード大学が6位、ロンドン大学ユニバーシティカレッジロンドン(UCL)が7位、インペリアルカレッジロンドンが9位にそれぞれ付けている。欧州大陸勢では、スイス連邦工科大学チューリヒ校(チューリヒ工科大学)が再び順位を上げ、8位に入った。

上位100位に入った欧州の大学は36校。うち英国からは18校がランクインした。

クアクアレリ・シモンズは今回、世界81カ国の916大学を対象にランキングを作成している。


関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

量子コンピューターが秘めるクルマの未来の可能性 <連載コラム・自動車産業インサイト>第34回(05/17)

首相、6月に辞任時期表明へ ジョンソン氏が党首選に意欲(05/17)

欧州委員長の候補者が討論会 主要会派の6人が激論交わす(05/17)

欧州委、為替操作で日米欧の大手行に罰金(05/17)

トーマス・クック、中間期は赤字が大幅拡大(05/17)

ユーロ圏貿易収支、3月は黒字縮小(05/17)

独憲法裁、極右政党のTV広告放映を要請(05/17)

ハンガリーGDP、第1四半期は5.3%拡大(05/16)

【ウイークリー統計】第37回 果物・野菜の摂取頻度と主観的健康感(05/16)

離脱協定法案を6月上旬採決 メイ首相、早期の離脱実現目指し(05/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン