• 印刷する

大学ランキング、英ケンブリッジが4位に転落

高等教育機関の調査会社クアクアレリ・シモンズ(Quacquarelli Symonds)が6日発表した「QS世界大学ランキング」で、英国のケンブリッジ大学が4位にとどまった。トップスリーからの転落は、ランキングを開始した2004年以降で初めて。

同ランキングでは、学術界や教職員の間での評価、学部ごとの論文被引用数、スタッフと学生数の比率、国際的な評判などに基づき、世界の大学をランク付けしている。

首位は米国のマサチューセッツ工科大学(MIT)が5年連続で輝いた。同スタンフォード大学は3位から2位に上昇し、ハーバード大学と順位が入れ替わった。英国勢は他にオックスフォード大学が6位、ロンドン大学ユニバーシティカレッジロンドン(UCL)が7位、インペリアルカレッジロンドンが9位にそれぞれ付けている。欧州大陸勢では、スイス連邦工科大学チューリヒ校(チューリヒ工科大学)が再び順位を上げ、8位に入った。

上位100位に入った欧州の大学は36校。うち英国からは18校がランクインした。

クアクアレリ・シモンズは今回、世界81カ国の916大学を対象にランキングを作成している。


関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

欧州で感染者数の拡大続く 早期封鎖のアイルランドは減少(10/30)

メルセデスの「EV第一」戦略 <連載コラム・自動車産業インサイト>第49回(10/30)

欧州中銀、金利据え置き=年内に追加緩和も(10/30)

EUの充電設備数、EV需要に追い付かず(10/30)

ユーロ圏景況感、10月は横ばい(10/30)

日本車の対欧輸出、9月はまだら模様(10/30)

タイ政府、EUとの貿易協定の再締結案承認(10/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン