• 印刷する

ロンドン市バス、1時間以内の乗り換え無料に

ロンドンのサディク・カーン市長は5日、1時間以内のバス乗り換えが無料になる「ホッパー料金」を12日から導入すると発表した。市長選での公約通り、ロンドン交通局(TfL)の利用者負担を軽減するとともに、公共交通機関の利用を促し渋滞や大気汚染を軽減する狙い。

ホッパー料金の対象はTfLが運営するバスとトラム。現在は乗車するたびに1.5ポンドの料金がかかるが、ICチケット「オイスターカード」や非接触型決済カードを用いれば、最初の乗車から1時間以内なら無料で別のバスに乗車できるようになる。これにより、年間延べ3,000万回分の乗車が無料になる見通しという。

2回目以降の乗り換えは、決済システムが未対応のため従来通り課金されるが、2018年までにはシステムを改良し、1時間以内なら何度でも無料で乗り換えられるようにする。また、同年以降はバスから地下鉄を含む鉄道に乗り換え、再びバスに乗る場合にもホッパー料金が適用される。

ロンドンの昨年のバス利用者は延べ25億人。うち1時間以内に複数のバスに乗車した人は8,600万人と推定される。カーン市長は「ロンドンのバス料金は8年連続で上昇しており、通勤にバスの乗り換えが必要な人にとっては不公平」と指摘。「低所得者にとって交通費が通勤や通学の支障となってはならない」と話している。


関連国・地域: 英国
関連業種: その他製造金融運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

英HSBC、仏で255人を整理へ(07/09)

ボルボ、英ブロックチェーン会社に投資(07/09)

若者の雇用創出に20億ポンド 英政府、VAT減税や外食支援も(07/09)

英、北アにEUの検疫施設を設置へ(07/09)

エア・リキード、台中市の新工場着工(07/09)

DHL、JLRの英国工場で2200人整理へ(07/09)

ユーロ圏経済、8.7%縮小も 仏伊スペインで2桁の落ち込み(07/09)

イネオス、ダイムラー仏工場の取得巡り協議(07/09)

欧州委、FCAとPSAの合併調査を延長(07/09)

英国、サウジへの武器輸出を再開へ(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン