• 印刷する

マドリード動物園でパンダの赤ちゃん誕生

マドリード動物園で8月31日、パンダの雌の赤ちゃんが誕生した。スペインにおけるパンダの出産は4例目だが、雌は初めて。ザ・ローカルなどが伝えた。

赤ちゃんは31日の夜明け直前に生まれた。体重は180グラムで、体調は安定している。母親のフア・ズイ・バは最近、運動量の低下や食欲の減退、ホルモンの変化などが認められ、妊娠しているとみられていた。当日には前足をなめるなど出産前の兆候があったため、係員などが待機。出産の瞬間をビデオ映像に収めることができたという。

この動物園では2010年、双子のパンダの赤ちゃんポーとデデが誕生。中国国外では初の、人工授精による双子となった。2013年には、雄のシン・バオが誕生している。

メスの赤ちゃんを抱くフア・ズイ・バ(マドリード動物園提供)

メスの赤ちゃんを抱くフア・ズイ・バ(マドリード動物園提供)


関連国・地域: スペインアジア
関連業種: 医療・医薬品観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

セプサ、UAE社とイベリア半島事業で協力(01/18)

格安航空NAS、一部運航路線から撤退(01/18)

サンタンデール、本社ビルの所有権巡り敗訴(01/17)

欧州新車登録、12月は8.4%減少(01/17)

蘭裁判所「デリバルー配達員は被用者」(01/17)

プラハ空港、昨年の利用者数が過去最高更新(01/17)

スペインのインフレ率、12月は1.2%に減速(01/16)

スペイン警察、闘鶏で182人逮捕(01/16)

ユーロ圏貿易収支、11月は黒字縮小(01/16)

化石燃料への補助金、EU最多は英国(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン