• 印刷する

マドリード動物園でパンダの赤ちゃん誕生

マドリード動物園で8月31日、パンダの雌の赤ちゃんが誕生した。スペインにおけるパンダの出産は4例目だが、雌は初めて。ザ・ローカルなどが伝えた。

赤ちゃんは31日の夜明け直前に生まれた。体重は180グラムで、体調は安定している。母親のフア・ズイ・バは最近、運動量の低下や食欲の減退、ホルモンの変化などが認められ、妊娠しているとみられていた。当日には前足をなめるなど出産前の兆候があったため、係員などが待機。出産の瞬間をビデオ映像に収めることができたという。

この動物園では2010年、双子のパンダの赤ちゃんポーとデデが誕生。中国国外では初の、人工授精による双子となった。2013年には、雄のシン・バオが誕生している。

メスの赤ちゃんを抱くフア・ズイ・バ(マドリード動物園提供)

メスの赤ちゃんを抱くフア・ズイ・バ(マドリード動物園提供)


関連国・地域: スペインアジア
関連業種: 医療・医薬品観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

サンチェス氏、首相続投に王手=棄権票で(06/17)

エアバス、7カ国と「A400M」の契約改定(06/17)

FCA、エンジーなどとEV充電網で提携(06/17)

VW世界販売、5月は3.6%減少(06/17)

アイリスオーヤマ、パリ南東郊の工場が竣工(06/17)

カタルーニャ独立派指導者12人の公判が終了(06/14)

インディテックス、第1四半期は10%増益(06/13)

【ウイークリー統計】第39回 企業のロボット利用率と臨時雇用の割合(06/13)

コニカミノルタ、自動車検査の西社買収(06/13)

蘭電子決済ペイユー、同業イージコを買収へ(06/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン